新潟の街でランニング (あと、アルビのことも)

初心者ながら紆余曲折のランニング生活。それからアルビとの悲喜こもごも。
つれづれなるままに書いています。

(アルビ0-3 FC東京, アルビL 2-1レオネッサ)こういうときこそ声援で後押しするのがサポなのだ!

23日日曜日は、少しのどが痛いかなって程度でした。
それが24日月曜日は、完全なるダミ声。


あちらこちらで同僚から声をかけられます。


「風邪ひいた?」
「いや、ほら、土曜日2試合あったから」
「あー・・・ (察し)」



慈愛に満ちた視線が冷淡な視線に変わる瞬間。


たまりませんね。
(マゾ・・・!?)





レディースの試合は、本当に楽しかったんです。


阪口選手のきれいなミドルシュート、久しぶりに見た気がします。


高橋選手、期待の右足ではなく泥臭い押し込みでのシュート。


他にも今年からデフェンダーにコンバートされた久保田選手の攻め上がりとか、ルーキー園田選手にレンタルバックの小須田選手らのフレッシュな顔ぶれとか、見どころ満載でした。


ベテランと若手が噛み合って見事な逆転勝利。


バンザイも嬉しかったなあ。レディースも五唱するようになったんですね。恥ずかしながら知りませんでした。





こうなればトップチームも勝ってお祭り騒ぎ! を期待するじゃないですか。



ゴール裏も気合入ってました。
大谷選手の新チャントに始まって、一体感がありました。


試合中も、判定に対する不満? の声こそあれ、アルビの選手に対してはポジティブな声援がたくさん聞かれた気がします。


みんな飛び跳ねてたし、みんな声を出してました。


相手に得点決められた後も、すぐに思い返したようにエールを送ります。




・・・だがしかし。


試合は完敗でしたね。


攻めてはいるんだけれど、シュートがなかなか枠を捉えない。
人数は揃っているんだけれど、相手をフリーにしてしまう。



前節勝って、勢いがついたと思ったんですけどね。




この日は、レディースとのダブルヘッターでした。
またこの試合には、学生さん140名を無料招待していました。


30000人を集めたホーム開幕戦もそうでしたけれど、ここで勝てばチームもサポーターも勢いづく、そんな試合だっただけに残念です。




でも、選手は頑張っています。
それならば我々も頑張るしかありません。



選手が一番悔しい。
それならば我々は声援で支えるしかありません。



新潟ハーフマラソンで声援のありがたさを存分に感じさせていただいた経験が、一層大きな声をださせます。
ほんと、つらいときの声援のパワーってすごいんです!



私の中では、ブーイングなんてもってのほか。


スタンド前に挨拶に来てくれた選手に対し、拍手をして「次は勝つぞー!」と声をかけました。
隣の息子ももちろん拍手。


なんかね、腹をくくりましたよ。
4月の時点で腹をくくるというのもどうかと思うのですが、くくっちゃったものは仕方ありません。




個人でできることは限られています。
でも、だからこそできることを頑張ります。


声張り上げ飛び跳ね、選手を後押しするぞー!!



ままならないけど、がんばるぞー!! 

(高田桂, "サポルト! 木更津女子サポ応援記" 2巻, アース・スターコミックス)





あと明日にはこのダミ声が治っていて、仲間から白い目で見られなくてもすみますように!!!

(アルビ ダブルヘッター) 新潟ならでは、サッカー三昧・スポーツ三昧の贅沢!! ってか!?

22日土曜日。



ビッグスワンでは、レディースのPlenusなでしこリーグ1部第4節(12時30分キックオフ)とトップチームの明治安田生命J1リーグ第8節(16時キックオフ)のダブルヘッターが行われました。


ゴール裏入場のための予備抽選開始が10時15分。
トップチームの試合終了が18時。


延べ約10時間。


アルビならではの贅沢なサッカ三昧な一日。


満喫してきました。




・・・そんで、その日はそのままサッカーのことは忘れることにして(苦笑)、今に至ります。





22日は、他にもいろんなスポーツが行われていました。



アルビレディース、強豪相手に逆転で今季初白星!!
アルビユース、高円宮杯U-18プリスリーグ北信越第4節を勝利!
アルビBC(野球)、ホーム長岡市でノーヒットノーランにて勝利!!
アルビBB(バスケ)、地区最下位チームとの対戦を接戦で勝利!!!


さらにさらに、
サッカー天皇杯1回戦、新潟県代表・新潟医療福祉大チームとして初勝利!!!




23日日曜日の新潟日報の誌面もお祭り状態!!!


新潟は天気も良かったし、いい土曜日でしたね本当に。




・・・もうひとつの試合は? ってか?



・・・なんだチミは? ってか? (へんなおじさん)


・・・わか蘭 ってか? (がりぞー)



(・・・こわれてる)






(つづく ってか?)



新潟も桜吹雪の季節。桜ナイトフィーバーといえば、KANとともにこぶしファクトリーなんですね

15日土曜日、ヴァンフォーレ戦勝利のあとで気分良くやすらぎ堤に繰り出しました。



やすらぎ堤は、まさに桜見頃でした。
多くの花見客の方々がいらっしゃって、いつも以上に賑やかでした。



桜の他にも、例えばチューリップ。
先日は一部しか咲いていませんでしたが、すこしずつ華やかになってきました。


春のやすらぎ堤、彩り豊かないろんな花が植えられていて、歩いたり走ったりしてると本当に気持ちいいですね。
新潟市民として、全国に誇ってもいいコースだと思います。




今シーズン、私は、中央区の桜を存分に見ることができました。
白山公園、やすらぎ堤、鳥屋野潟公園、スポーツ公園、そして近所の神社や公園。


ここまでたくさん桜を見たのは久しぶり。そうそう、思いがけず(本当に思いがけず)皇居の桜も見ることができましたし。




本当は久々に家族で高田公園にも遊びに行きたかったんですけど、残念ながら折り合いつかず断念。


上越市の友人が送ってくれるメールや写真見てると、やはり高田公園の桜は迫力が違います。さすが日本三大夜桜。



そのかわり、ささやかではありますが、家族4人で近所の公園をお散歩しました。
くだらないこと喋りながらぶらぶらと歩いただけだしたが、楽しかったなあ。



そんな桜満開の週末でしたが、週明けからは一転風が強くなり、桜吹雪が舞うように鳴りました。
近所の桜も徐々に葉桜に様変わりしています。



今年は高田公園ともうひとつ、職場近くの堤防の桜を見ることもかないませんでした。
職場に泊まる日に限って雨と風に吹かれてしまい、ランニングもままらななかったんです。


上越や堤防は、来年のお楽しみとしたいと思います。
改めて1年間、桜を待つ。なんともおおらかな気持ちになりますね。



一方で、桜からしたら好き勝手言いやがってって感じですよね。
桜としては、1年間かわらずずっとそこに立ってるわけですから。


KANさんの"桜ナイトフィーバー"を思い出しちゃいます。



精一杯に咲いているのに 理解者少ない
秋の朝も冬の午後ももちろん梅雨入り梅雨だく梅雨明けも
いつだってかわらずここに立っているのに
なぜに なぜに?


   ─── KAN, 桜ナイトフィーバー, 2015





歌のことを検索してたら、聞いたことのないアイドルグループ? が出てきました。



・・・こぶしファクトリー?



むしろ、KANさんよりも先に、トップでヒット。



こぶしファクトリー『桜ナイトフィーバー』(Magnolia Factory [Cherry Blossom Night Fever]) (Promotion Edit)



この歌をアレンジされている女性グループみたいですね。
知りませんでした。グループのことも、アレンジされてたことも。
ごめんなさい。




世の中、おっさんにとって知らないことだらけです。