新潟の街でランニング (あと、アルビのことも)

怠け者がランニング続いています。2年目です。今年はフルマラソン出場が目標です。
あと、週末はアルビです。飛んで跳ねて声枯らしています。

(新潟シティマラソン2017 その4)地獄の中にみえた光明(ペースランナー) そしてゴール!!

30kmを超えた地点からひたすら堤防を走ることになります。


いつものランニングでは、堤防ランは見晴らしも良くて風も爽やかで大好きなのですが、この日ばかりはそうも言っていられません。


ずっと変わらない直線路。おまけに気温も上がってきているようで、急激にバテがきました。



思えばレース前半は、町中・トンネル・海岸と目まぐるしく変化する風景があって、おまけに体力も十分だったので、ついついオーバーペースになってしまいました。


その代償が一気に押し寄せてきた感じ。



ただでさえ日頃から30kmの壁は大きな課題でした。この日はその壁がいつも以上に厚く高くそびえます。


周りを見渡せば、間違いなく私よりもベテランのランナーの方々(なんたって私は初フルですからね)が、足を引きずったり歩いたりしゃがみこんだりしています。


私も歩きたい、休みたいという思いに支配されそうになりましたが、ここで立ち止まると二度と動き出せないだろうな、ましてや再びランには戻れないだろうなという思いから、遮二無二足を動かします。



それでもまだ救われたのが、給水所が短い距離に多数用意してあったこと。あとでマップを見ると、1-3kmおきに設置されていました。


フードとして梨やバナナやきゅうりの塩漬けが設置されていました。
この梨がうまかった。


新潟市南区の白根という地域で、おいしい果物がたくさんつくられています。二十世紀梨、ル・レクチェ(洋梨)、巨峰(ぶどう)、白桃など。


ほんと、新潟はなんでも美味しいんです! (えっへん)




そして、この堤防にはあの方がいらっしゃいました。


Qちゃんこと高橋尚子さん。


去年はQちゃんとのハイタッチに大興奮したものです。
この日もなまQちゃんを拝めて嬉しかったのは確かなのですが、ハイタッチもしたのですが、なんかもうくたびれ果てていて、あまり記憶していません(本当に勿体無い)。



ふるさと村手前で折り返し。
思えば遠くまできたものです。



トボトボ走ると、さきのQちゃんと再びお会いすることになります。


Qちゃんいわく「折り返したひとー、あとたった5kmですよー!」



・・・たった、だと?


なんだかもうよくわかんなくなっています。
でも、どうにか脚は動かし続けます。


1kmごとに距離を示す標識が立っているのですが、なかなか次の標識が現れない。



少しでも疲れを取り除くべく、手持ちのスポーツドリンクを飲んだりゼリーを口にしたりしようと思うのですが、疲れすぎるとそれも億劫。



立ち止まっても地獄、走り続けても地獄、飲み食いしても地獄、しなくても地獄。


地獄って大袈裟な・・・って、思うんですけど、このときは本当に辛かったですね。


なぜかドラクエが頭に浮かんで、HP(ヒットポイント)が一桁ってこういう感じなのかな、そりゃ、スライムに出会っても死んじゃうよな、勇者辛かっただろうなあ、なんてそんなことを思ったりしていました。


もう余裕があるんだかないんだかわかりません。つうかありません。




そんなさなか、ふと目の前を見るとおかしなランナーを目撃しました。
風船を背中につけて走ってるんです。
ここにきて仮装ランナーか? なんてボーッと見ていたら、その風船に「4」って書いてある。



・・・あれ、これ以前雑誌で見たことがあるぞ。
もしかしてペースランナー?


(ベースボール・マガジン社, ランニングマガジン・クリール, 2016年9月号)



しかも4って書いてあるってことは、4時間のペーサー??




ほとんど諦めかけていた4時間の壁。それがいま目の前に。



こうなるとここで負けるのが悔しくなってしまいます。


むりやりゼリーを口に流し込み、必死こいて足を動かします。


HP一桁、文字も黄色くなってる状態(分かる人にはわかる)にも関わらず、我ながらどこにそんな力が? と思うほどに脚が動きます。


がんばってがんばってがんばって、ついにペースランナーを追い越します!!



もうね、ほんとうにへろへろ。



がんセンターや白新中の前あたりをよたよた走ります。


ここで後ろを振り返りました。


せっかく追い抜いたペースランナー。
もう一度抜かれたりしたら、もう絶対に追いつくことはできません。
どのあたりにいるのか確認するために、振り返ったのです。


はたして、視界の中にペースランナーはいませんでした。気づけば大きく差をつけていたようです。



心のなかでよっしゃあと気合を入れ直します。



そのまま必死で市陸につながる角を曲がります。


目の前には市陸。ゲートを潜ると、幸いなことにすぐ目の前にゴールゲートがありました。


ラストスパートも何もあったもんじゃない。とぼとぼの足運びはかわりません。
でも時計は間違いなく3時間50分台を示しています。


これはもはやとぼとぼ足でも確実です。



そしてついにゴール!!



ネットもグロスもサブ4達成!!!


(215m足りないのは誤差です。断じてインチキしたわけではありません^^)




自然とガッツポーズが出ました。



ほぼ同時にゴールした方もガッツポーズをされてました。
その方と互いの健闘を称え合って握手のひとつもすれば良かったのでしょうが、そんな気力はありません。すぐにでも横になりたい気分。


でもここはゴールゲート。立ち止まっては迷惑です。必死に歩いて、スタッフの方からフィニッシャーズタオルを掛けていただきました。
そして、そこで力尽き、本当に力尽き、そのままトラックの脇に倒れ込んでしまいました。



苦行の42.195kmは、こうして幕を閉じたのでした。




このあと、スタッフの方から「ここは休憩所じゃないからね、先に進めば給水所あるから、ちょっと休んだら前に進んでね」と 無慈悲な 当然な言葉をいただきました。



必死こいてトラックを約半周して給水所へ。
よっぽど私がしんどそうに見えたのか、500のペットボトルで3本ほどいただいてしまいました。スタッフの方、ありがとうございました。


さらに歩いて完走証をいただき、さらにさらに歩いて大きいおにぎりをいただきました。


ここでもう一度ぶっ倒れてガブガブ水を飲んで、もう1本水をおかわりしてから、さらにさらにさらに歩いてようやくサトウ食品様のお餅をいただきました。


まさかゴールした後も長旅が待っているとは思いませんでした(苦笑)




これが、わたしの新潟シティマラソンでした。



もうほんとに死にそうになってるのに、なんだろうこの奥底からしみだしてくるような充実感。


荷物を受け取って市陸からビッグスワンの駐車場へ連れてってくれるシャトルバスに乗りながら、ニンマリしている自分。ほんと、呆れちゃいますね。





ということで初のフルマラソン。


苦行以外の何物でもないにも関わらずクセになるって、なんて罪なスポーツなんでしょう。


とんでもないものに手を染めてしまったなあと思わないでもない今日このごろです。
(とか言いつつ、翌日にはRUNNETでエントリーできそうなレースを探していたりするんですよね^^;)



以上、へっぽこランナーが体験した新潟シティマラソン2017でした。
応援してくださった皆様、本当にありがとうございました!!!


あと、名も知らぬペースランナーの方、私がサブ4を達成できたのは、まさしくあなたさまのお陰です! ありがとうございました!!




ということで。
ここまでへっぽこランナーのレビューにおつきあいいただきありがとうございました。


今後、思いついたときに裏話とかいろいろ書いていければと思います。



(完!)(感謝!!)

番組の途中ですが(ガンバ0-1アルビ)を書かずにいられない。うぉーーーーーーー!!!

うぉーーーーーーー!!!



14日土曜日。


仕事でした。
友人は吹田ですべてを見届けると旅経ちました。
私はDAZNすらも見ることができない状態です。


一応ポケットにケータイ忍ばせてモバアのルチェック態勢はしていましたけど、結局仕事に集中して(あたりまえですね)、メールの着信には全く気づきませんでした。


仕事を終えて、同僚から声をかけられます。


「結果見た?」


ああ、そういえば見てないや。


恐る恐るケータイを開きます。


・・・・・・・・・・


・・・・・・・


・・・



うぉーーーーーーー!!!



0-1。
一瞬どっちが0でどっちが1なのかよくわかりませんでした。
勝つってことを忘れてた(涙)



でも、じっくり文面を確認して、ゴール・小川選手の名前を読み返して、勝ったことを再認識。喜んで良いんだと脳が体に司令を発します。


同僚と握手。



「俺も負けたのかと思っちゃった。でもよかったよ」


「こういうときに限って見れなかったね」


「帰ったらDAZNとJリーグタイムが待ってるよ」



果たして帰宅後。すでに実況を見終わっている息子とともにDAZNを流し観戦。



山崎選手が相変わらず走り回ってる。河田選手がそこに絡んでいく。
ホニ選手が裏に抜けていく。
このあたりの連携、お見事。


そしてさらにそこに、小川選手が再三再四、前線にぬけだしてくる。


河田選手や小川選手のおかげで、これまで見殺しになりがちだった山崎選手やホニ選手からのパスが中央につながっていく。


呂比須監督がおっしゃっていた、「ホニ選手はサイドハーフで威力を発揮する」ってやつでしょうか。



しかしガンバのGK東口選手、憎たらしいくらいにナイスセーブを連発。
なかなか得点につながりません。



一方でアルビの守備。

あいかわらずCBがサイドに引っ張り出されてふとゴール前があいてしまう。
冷や汗かくシーンがいくつもありました。

ガンバ選手、ゴール前で思いがけず選択肢がたくさんあらわれて、逆に迷っちゃってシュートを外しちゃう、そんな雰囲気もないではなかったような。
東口選手の影に隠れがちだけど、大谷選手もビッグセーブがいくつかありましたね。


あと、やっぱり大野選手がセンターバックにいてくれるのは頼もしいですね。



それにしても、なんともしんどい。
チャンスは多いけど決められない。
そして相手は、ふわっと誰もいなくなるアルビゴール前を虎視眈々と狙っている。


いままでにも何度も見てきた光景と言えばそうです。



しかし、後半22分。


河田選手からのボールを受けたホニ選手がクロス。
こぼれ球、小川選手。
距離が近かっただろうにきれいに体をねじってシュート!



ゴール!!


現地の興奮たるや、想像に易い。友人、羨ましい!!




残りの時間、そのときに観戦していた方々からしたら、本当に長い時間だったことでしょう。ロスタイムもたっぷり5分ありましたしね。


録画再生している私ですらドキドキしながら見てましたからね。


それでもほんと、がんばってしのいでくれました。



17試合ぶりのバンザイ五唱。



本当におめでとうございました! ありがとうございました!!!


これでまだ夢を見ることができます。



次節、ヤマハスタジアム。


昨年残留に向けた大きい勝利をもぎ取ったスタジアムです。
ぜひとも連勝して、ビッグスワンに戻ってきてもらいたい。




ビッグスワンで奇跡を目撃しましょう!!!

(新潟シティマラソン2017 その3)トンネルを抜けるとそこは坂道でした

今回のレースで一番のウリ、みなとトンネルです。

中央区と東区をつなぐ、1400mの海底トンネル。
歩道は全天候型のランニングコース・ウォーキングコースとして重宝されています。
車道も、空港通りや山の下方面から一気に新潟島に入ることができるので、便利な人には便利なトンネルです。


当然のことながら、普段車道をランニングすることなんてありません。これはまさに貴重な経験だぞとワクワクしていました。



トンネルの入口にある電光掲示板。いつもは「スピード注意」とか「事故多し」みたいな通行上の注意が表示される掲示板です。


今日の表示は「調子はなじだ? 新潟シティマラソン」


なじだ? とは、いかが? とか、どんなだい? とかそういう意味合いの新潟弁です。
「調子はどうだい?」って感じ。


新潟市民にしか伝わりませんね。しかも微妙ですね。ここまできてどうもこうもないっちゅうの(苦笑)


それでも新潟市が応援してくれてるのは伝わりました。なんとなく元気が出た気がしないでもありません。



トンネルに入っていきます。

思いの外勾配差を感じません。
ただ、もわっと蒸す感じ。ライトも少なくて暗くて、おまけに密集してて、ちょっと走りにくい。



下り坂を終えていよいよ上り坂に向かいます。
これも思いの外辛くない。いつもの歩道のほうが勾配差強いのかな。


トンネルを抜けて、空港通りとの十字路で折り返し。


再びトンネルに入っていきます。


やはり勾配差はさほど問題になりませんでした。
ただ、もわっとした感じと薄暗さが気分悪く、また少し怖い。
実際、後ろのランナーさんに足裏を蹴られて一瞬ヒヤリとしました。もちろん悪気はないんでしょうけど、ここで転んだりしたら、ドミノ倒しの大惨事になりかねません。


折り返し後のトンネルには、申し訳程度にイルミネーションが光ってましたが、安全性とか快適性とかすこし難があるかなあと思ってしまいました(すみません)。


上り坂のことばかり警戒して、暗さや蒸し暑さはノーマークでした。



ということで、みなとトンネル。
楽しみにしてはいましたが、実際走ってみるとうーん・・・って感じですかね。

来年もし、やはりこのトンネルを潜るというのであれば、もう少し工夫していただけると嬉しいかなと思いました。




さて、トンネルを抜けて、日和山に向かいます。


実は日和山、ただでさえ海抜高度の高い砂丘にあって、そのなかでも一番の高地になります。
なんたって、昔はここにあった展望台から新潟の街を一望できたわけですからね。


ということで、トンネルの上り坂からそのまま海岸通りの上り坂につながります。
新潟島1周していても、個人的に一番つらいのがこの辺り。



思いの外トンネルの中で体力を消耗していたようでして、ちょっときつさが出てきます。
まだまだ先は長いのにね^^;



日和山を超えて、旧二葉中わきを通り、ドン山を過ぎます。

護国神社にむかう丁字路に簡易トイレを発見。
後になればなるほど混むのではなかろうかという予想から、20km前後で一度用を足しておこうと思っていました。
さほど切迫もしていませんでしたが、ここでトイレに駆け込みます。



いつもなら、トイレ行くとすなわち小休止みたいになって再び元気が出るのですが、今日は具合が違う(苦笑)。 
あまり体力回復した感じもないままにコースに戻ります。



マリンピアのあたりで21km。残り半分。
しかし、体力のことを思うと不安しかありません。



ペースを落として(つうか勝手に落ちて)、海浜公園を通り、関屋分水を超え、海岸道路に入ります。


明らかに思った以上の体力消耗。
いつも練習で走ってるコースですが、明らかに勝手が違う。



そんなとき。
女子高生? のボランティアの方が「アルビ頑張れー!!」と声をかけてくれました。


明らかに私を応援してくれている。それも女子高生? が。


まあ、おっさんですよね。


このボランティアの方、全然知らない方でしたが、すごく元気になりました。ブンブン手を振り返したりしちゃいました。


ええ、おっさんですよね。



単純ですね。これでパワーが少し回復しちゃうんですね。



そのまま青山海岸に到着し、折り返します。



今度は小学生のサッカー部? が「アルビ頑張れ!」って。


これはこれで嬉しい。ハイタッチして元気をもらいます。



関屋分水前にもどってきて30km。


アルビユニ着た壮年ご夫婦とハイタッチしながら、「(加藤)マサル選手の凄さを改めて感じます」と。ご主人、笑ってくださいました。



なんて具合に応援の方々との交流を楽しめたのもここまで。



ここから30kmの壁がもろに立ちはだかってきます。



(あと1回)(すんません)