新潟の街でランニング (あと、アルビのことも)

初心者ながら紆余曲折のランニング生活。それからアルビとの悲喜こもごも。
つれづれなるままに書いています。

(新潟ハーフマラソン2017! その3)しれっと抜かれまくりながらもへっぽこなりに最後まで頑張ったのだ! おかげでQちゃんお勧めの肉が旨い!!

給水所と声援とに元気をもらって一生懸命足を動かしていると、遠くにビッグスワンが見えてきました。


ここに来るまではまったく初体験のコースでしたが、このビッグスワンが見える道からは、かつて30kmランで走ったことのあるルートでした。


ここまでは初めて走る道ですし、余計なことを考えずに一心不乱に走ってくることができました。
それがいざ勝手知ったるコースに出てきた途端、頭が無意識のうちに残りの距離感を計算し始めました。


看板を見ると、残り距離3km。


3kmくらいならなんとかなると思いたいのですが、30kmランではビッグスワンが見えてから実際に到着するまでがすごく辛かった印象があります。
その印象を思い出して、「これからあの辛い思いをしなければならないのか」とふと考えてしまいました。
そうしたら次の瞬間、体内にさーっと疲労感が湧き上がってきました。


ただでさえここまでハイペース。体力も限界に近づいています。
そこに精神的疲労感がのしかかります。


俄然重くなる両脚。


追い抜くよりも追い抜かれることのほうが徐々に多くなってきました。




追い込み型の先輩ランナーの方々が、「前半我慢して後半しれっと追い抜くのが気分いい」とおっしゃっていたのを聞いたことがあります。


まさにしれっと抜かれていくへっぽこランナー。
馬群に沈んでいくツインターボ。中舘騎手の気持ちがなんとなくわかる・・・・。



こちらはもうヘロヘロなのに、むしろペースを上げていくAブロックの方々。
やっぱりすごいっす。




でも、ここで立ち止まっちゃったら、これまでの頑張りが水泡と化してしまい、楽しい感覚がぷつんと切れちゃうような気がしました。


しんどいしヘロヘロなのに、どこか楽しかったんですよね。
その楽しさが失われちゃうのはもったいないと思ったんです。・・・って、マゾ?(否定はしない)



楽しさを維持するため、意地でも走り続けるぞと足を動かします。
びゅんびゅん追い抜かれながらも、あくまでも自分は自分と言い聞かせます。
へっぽこなりに頑張るのだ!!



お尻、腰、上半身と使う筋肉をローテーションしていきます。疲れていない筋肉を使って、疲れた筋肉は休ませて。
とにかく全身を使ってあがきまくります。



ほうほうの体でいよいよ構内に入ります。


ビッグスワンが目の前にそびえ立ちます。
周りの方々のペースが自然と上がっていくのがわかります。



ここで、ふと我に返りました。


今いるのはEゲートの入場口付近。
一方スタジアムの入り口は、Nゲートの奥です。
つまり、ここからスタジアムの周りを約半周しないといけません(下図参照)


一見目の前にゴールがあるようですが、これは結構な距離です。ビッグスワンって、でかいんです。


日頃駐車場からNゲートまで歩いているからこそわかる距離感。
思いがけずしてアルビに感謝です。


まだまだゴールは遠いぞと自分に言い聞かせ、周りのラストスパートに引っ張られないように少しペースを落とします。
そしてNゲートが見えてきたところで、最後の力を振り絞ってペースアップ。


そのままスタジアムに入ります。
目の前には黄色いフィニッシュゲート。


一生懸命に腕を動かします。
いやあ、100mが長い長い。



最後、ついにゲートをくぐります。



完走!! です!!



(スタンドから撮ったフィニッシュゲート)



タイムがどんなものなのか、速かったのか遅かったのか、その時点ではよくわかりません。
でもとにかくがんばったのは事実!!!!



時計を止めますが、あえて文字盤は見ないことにします。
記録証を受け取るまで楽しみをとっておきます。



そのままゆっくりゆっくりトラックを歩き、ミネラルウォーターをいただいてチップを回収してもらいます。


誘導に従って室内練習場に入ると、ボランティアの方がフィニッシャーズタオルを肩にかけてくれました。
これは嬉しかったですね。頑張りをねぎらってもらった感が伝わってきました。



その後おにぎりとパンをいただき、いよいよ記録証を発行してもらいます。




サブ1:40!! (という言い方があるのかどうかはわかりませんが)




これまでの練習での自己ベストが1時間47分。10分も上回ってしまいました。
ちなみに10km走も自己ベスト更新。


グロスでも1時間40分を切っていました。



(さんざんひっぱっておいてその程度の記録かいとお思いの方も多くいらっしゃることとお察ししますが、ここは「へっぽこが頑張ったねー」とあたたかく見守ってやってください)



いやあ、すごく嬉しい。


ペースも何もあったもんじゃない、全くノープランで走った結果。つまり、まさにビギナーズラックではあります。
でも、記録は記録です。
そして、人は人、自分は自分です(ここが大事)


もうね、ニヤニヤが止まりません。



気分良くスタンドにもどり、コンコースの振る舞いコーナーでわたあめと豚汁をいただいて、ウィダーさんの新しいプロテインを試飲させていただきました。



豚汁をいただくテーブルでたまたま一緒になったアルビユニの方々(初対面)と雑談し、互いの健闘を称え合い、次節の勝利を祈念し、握手をして別れます。



スタジアムを出て、芝生で念入りにストレッチをしてから駐車場へ。帰路につきました。




家に帰って、聞かれもしないのに「自己ベストだよ!!」と妻に語りかけ、子供たちに記録証をみせつけます。そしてきょとんとされます。



おにぎりは子供たちにプレゼント。息子、初めての梅干しに口の形を ※ にしながら一生懸命頬張っていました。




夕食は、Qちゃんにならって「温野菜」(赤坂店ではありませんが)

(Number Do, vol 27. 文藝春秋, 2016より)(しやわせそうなQちゃん)



「ハーフマラソン走った人と同じだけ食べてもて大丈夫なのだろうか」と悩みながらも、食べ放題につきあってくれた妻に感謝です。

子供たちも楽しそうにしゃぶしゃぶしたりアク取りしたりしていました。すっかりアク取り代官です(By. ぜんまいざむらい)



お肉もお野菜も温野菜アイスも、みんなおいしかったです。





第1回新潟ハーフマラソン。


記念すべきこの大会に参加できただけでもありがたいことなのに、本当に気持ちよく走ることができました。
そして、自分としてはこの上ない結果がついてきました。



22日現在、すでに3日経ったわけですが、未だに大会のことを思い出すだけでご飯3杯はいける思いです。思い出をおかずにカーボローディングができちゃいます。


しばらく余韻に浸りつつ、しっかり休養してから、またぼちぼちとランニング再開したいと思います。


これからもますます楽しく走り続けていきたいと思います。




日々支えてくれている家族に感謝。


日頃冷やかしつつも応援してくれている仲間たちに感謝。


レースを支えてくださったスタッフ・ボランティア・応援の方々に感謝。


レース中は声援のシンボルとなり、最後にはラストスパートのタイミングを教えてくれたアルビに感謝。


そして、諦めなければゴールは開けるということを、この年齢にして改めて学ばせてくれたハーフマラソンに感謝。



そして、こんな自己満足はなはだしいブログを読んでくださる皆様にも、本当に本当に大感謝でございます。
引き続きごひいきのほど、何卒よろしくお願いします!!




みんな大好きだー!!!!!  (錯乱)





あと、ランニング最高ー! ですよ、奥様!!(未だ諦めてないけどちょっぴり虚しい)

(新潟ハーフマラソン2017! その2) 声援に背中を押していただきながら、楽しく走る!

(あまりに走ることが楽しかったので、写真はありません^^;)


今回の新潟ハーフマラソンでは、あらかじめビッグスワンでウォームアップをしておいたことがよかったのか、安定したフォーム(あくまでも自分なりにではありますが)でスタートすることができました。


うまいことお尻を使って、しかも上半身には余力を残して、ほっといても脚が動いていく感覚。楽にペースが上がります。
かと言って、ムキになってる感じでもなく、心地よいスピード感。


これは何だか楽しいぞと感じました。



21kmの長丁場をレースで走るのは初体験だし、どうせペース配分考えてもよくわかんない。


そして今、このペースが楽しい。


それならば、このまま行けるところまで行ってしまおうと心に決めました。
最後スタミナが切れてどうにもならなくなったら、LSDペースにでもなんでも切り替えてしまえばいいじゃない。


これまでに練習で30kmを走った経験から、形にこだわらなければ最低限完走できるはずだという妙な自信がありました。
練習しといてよかった。



行けるところまで行く。行けなくなったら、その場その場の体力でできることをやる。
そう決めた以上は、時計を見ることもやめてしまいました。


周りの方々のペースを楽しみつつ、脚の動くままに走ることにしました。


余計なことを考えないと決めたら、ますます楽しくなっちゃいました。



今回のレース、「田園都市・新潟の魅力を味わえる」コースとなっております(公式ウエブサイトより)


田園都市の魅力を味わえるというか、もうずーっと田園風景がつづくコースです。


田園風景ということは、フラットなコースだということ。
おまけに、道は片道1車線の計2車線を全面開放してくれているので、広い広い(ところどころ狭くはなっていますが)。


おまけにこの日はほぼ無風。気温7度。晴れ。もう、絶好の天候コンディション。


こうなると、もう抑えは効きません。
明らかにいつもの自分からしたらオーバーペースです。


脚の向くままに走っていくと、当然ペースの早い集団にもぐりこんでいくことになります。


自然と自分もそのペースにあわせます。
集団で走るので、不思議と疲労を感じない。


そんな感じに、ますますペースは上がっていく。



疲れそうになるとちょうど給水所があって、スポーツドリンクをいただきます。
各給水所の手前に設置されていた、「給水まで100m」という看板には本当に元気をもらいました。「あと100m頑張れば水が飲める!」って。まさに馬の鼻先の人参効果です^^




もうひとつ、元気をもらった存在が。


沿道には途切れることなく応援の方々がいらっしゃって、素朴な声援を投げかけてくださっていたのです。


この継ぎ目のない声援が、本当に背中を押してくれました。


地元少年野球クラブ(と思われる)の小学生たち10人ぐらいとわーって連続ハイタッチをして、老人ホームお住いの方々に会釈をして、旗を振ってる小さい女の子に手を振り返して、アルビの旗振ってる人と握手して。


ただでさえオーバーペースで体力消耗しているくせに、さらに体力ロスなことをしちゃってるわけですが、そうやって応援の方と交流した後は再びぐっと脚が上がるようになるから不思議です。


ほんと、応援ってすごいなあと思いました。



特に個人的に嬉しかったのが、「アルビ頑張れー!」とか「ハッピターン!」とかいう声援。
間違いなく私に対して投げかけていただいてる声援ですからね。
ほぼ固有名詞ですからね。


具体的に自分に対して声援を投げかけていただくことがこんなにありがたいものだとは。
月並みですが、アルビの試合では一層声を張り上げようと思った次第です。



(すみません、さらに続きます)


(新潟ハーフマラソン2017! その1) ビッグスワンを走る!!

20日はいよいよ新潟ハーフマラソン。



先輩ランナーの方々が口々に語る、恐怖の第0関門を通過できるかどうかがとても不安だったので、前日は5時に目覚ましをセットた上で21時には布団に入りました。
子供たちに「お父さん、もう寝るの?」とちょっと優越感に浸るような顔をされてしまいましたが、背に腹はかえられません。



そして20日。


目覚ましをセットした5時より早く、4時半に目が覚めてしまいました。
もはや大人の運動会の様相です。ワクワクドキドキがなせる業。寝坊など、杞憂も杞憂でした。


家族を起こさないように目覚ましを止めて、リビングに移動して窓の外を眺めます。



お、天気いい。



ただ、気温についてはどこまで上がるのか、はたまた寒いままなのか、この季節の新潟は皆目見当がつきません。
厚めと薄め、両方のコンプレッションシャツとパンツを各々用意してリュックに詰め込みます。



上着はアルビのユニフォーム。これは決まりです。前日のうちにゼッケンも装着済です。



今回は、自分でクルマを運転して会場入りすることにしていました。


会場のビッグスワン、6時から自主練用に開放しています。駐車場の開門は5時半です。


ビッグスワンの駐車場はとても広いので、まず駐められないということはありません。


ただ、入り口の数が少ないため、遅くなると混雑する恐れがあります。
また、駐車場が広いぶん、遅くなると会場から遠くに駐めることになり、ビッグスワンまで結構歩かなければならなくなります。


自宅からビッグスワンまでは、クルマで30分ほど。


5時半とは言わなくても、6時前には駐車場に入っていたいなと思っていました。
幸いにして、早い時間のおかげ道もすいすい。
途中コンビニに立ち寄り、おにぎりを4個買い込みます。それでも6時前にはしっかりと駐車場に着くことができました。


駐車場、さすがにまだまだガラガラです。安心して駐車させることができました。



リュックを抱えてビッグスワンへ。
勝手知ったる道を進むと、見えてきましたビッグスワン。


いつもなら屋台がズラッと並んでいる構内に、スタート用のポールが設置されています。
いつもとは違うテンション、違うワクワク感が沸き起こります。



バックスタンド(Eゲート側)が選手用の控えスペースとして開放されています。
階段を登ってスタンドへ。この時間、まだまだ選手もまばら。
席を確保してリュックを置き、貴重品をウエストポーチに詰め込みます。



6時。
再び階段を下って、いよいよビッグスワンに足を踏み入れます。

すでにランナーの方々がウォームアップを始めています。



ピッチは立入禁止ですが、トラックからスタンドを見上げます。

いつものゴール裏席。なんだか不思議な気分。




私はいつも、走りはじめの30分くらい、体が温まっていないせいかフォームも安定しないし妙な疲労感があります。
なので、今日はあらかじめ30分走っておこうという作戦にしました(作戦ってほどのものでもありませんが)。


ビッグスワンを走る。感動モノです。胸熱です。



軽くウォーミングアップをして、トラックをゆっくりゆっくり走ります。
途中偶然出会った知り合いと立ち話したりして、あるいはぱしゃぱしゃとビッグスワンの写真を撮ったりして、リラックスしながら体をほぐします。


知り合いの話ですと、7時ころには駐車場かなり混雑していたとのこと。
やはり早く出てきて正解だったようです。



7時20分。
練習終了。
スタンドに戻りトイレに行って、スタート地点に向かいます。


私はBグループ。新潟シティマラソンはDグループでしたので、だいぶ前の方に着た感覚です。スタート地点が見える!


とはいえ、ブロックにはぴりぴりした感じは全くありません。周りの方々もリラックスムード。
たまたま同じアルビユニフォームを着ている方をみつけて、アルビ談義に花を咲かせたくらいにして。知らない人とアルビの話をするのは楽しいですね。



7時55分、開会宣言。
主催者の方々に感謝です。



そして8時、いよいよスタートです。


アルビサポの方々と「またあとでお会いしましょう」「頑張りましょう」と声を掛け合い、走り始めます。
まったくもってレースという感覚もなく、リラックスした状態でスタートすることができました。



スタート直後、人口密度が高い間は、無理せず流れに従います。
2度めのレースということで勝手も若干分かっており、焦りはありません。



スタジアム外の大通りに出ると、さっそくバラけてきました。
初めて走るコース。どんなコンディションの道なのかさっぱり検討もつきません。
初めてのハーフマラソン。ペース配分とか未知数です。


とにかく行けるところまで行ってしまおうと、ろくに時計も見ないで後先も考えないで、脚が動くままにペースを作ることにしました。



(勝手に続く)