新潟の街でランニング (あと、アルビのことも)

へっぽこながらもランニング続いています。2年目にしてフル出場も果たしました。
あと、週末はアルビです。飛んで跳ねて声枯らしています。

(新潟シティマラソン20018観戦記 その3)胸のエンブレムで呼びかけると、選手に深く響きます

(その1はこちら
(その2はこちら




とにかくいい人ばかりで賑やかな沿道。


そんな中、私はできるだけ固有名詞を声に出すように心がけていました。



自分がランナーとして走ったとき、「アルビー!」と声をかけてもらったことがとても嬉しかったんです。
間違いなく自分に向けた声援ですからね。本当に力になりました。
ガッツポーズを返したりハイタッチしたりして、その方とつながった感覚になれたのが嬉しかった。



なので、とにかく胸に書いてあるランニングクラブ名、企業名、地域名で選手に呼びかけるようにしたんです。


「川越市がんばれー!」
「ハードオフー!」
「朝日山ー!」


皆さん余裕がないだろうに、手を振ってくださったり、返事をしてくださったり、ハイタッチしてきてくださったり。これはこちらも嬉しかったです。



あとはマラソン大会の記念シャツ。
全国の記念シャツを見ることができて楽しかったです。


とくに自分も参加した大会のシャツを着ていらっしゃる方には親近感を覚えました。
関川マラソンとか、新潟ハーフマラソンとか。



中でも驚いたのが、えちご・くびき野100kmマラソンのシャツを着た方が何人もいらっしゃったこと。


向こうも私がくびき野マラソンのシャツを着ていることに気づいてくれて、ハイタッチしてくれました。
なんだか、自分に変わって走ってくれているような、私達を代表して走ってくれているような、なんとも嬉しい気持ちになりました。


この方々、くびき野が中止になっていなかったら連日走るつもりだったってことですよね。いやはや化物だ(最上級の褒め言葉)



逆に、わたしのシャツをみつけて「残念でしたね」なんて声をかけてくださる方もいらっしゃいました。人のこと気にしてる余裕もないはずなのに、優しい方です。



あとは「くびき野のパワーください!」って握手を求めてこられた方。
幸いにしてパワーは有り余ってます(苦笑) いくらでもどーぞという思いで手を握り返しました。




もちろんスポーツユニフォームの方々もたくさんいらっしゃいました。


ラグビーの日本代表は私でも認識できました。「ラグビー!」という、いささか乱暴な声援にも、笑顔で手を振り返してくださる。さすがは紳士のスポーツです。


ほかにもトップリーグのユニフォームなんだろうなという方も何人かいらっしゃいましたが、疎くて申し訳なかったです。



野球では、プロ野球12球団すべてコンプリート。あとおそらく草野球チーム。


カープの方には「おめでとう!」と声をかけました。
ジャイアンツの方からは逆に「お願い、応援して」と声をかけられました(苦笑)。


こういう交流も楽しい。



そしてサッカー。思いつくままに。
コンサドーレ、ベガルタ、アントラーズ、ゼルビア、カターレ、ヴァンフォーレ、エスパルス、グランパス、ヴォルティス、ギラヴァンツ。


アントラーズには「ACLがんばれ!」と。
ヴァンフォーレには「来週よろしく!」と(13日土曜日はヴァンフォーレ対アルビ戦)。




そしてそしてアルビレックス。
背番号が入ったユニには、その選手名で声をかけます。


「ナオキ!」「フミヤ!」「カワタ!」「イサオ!」などなど。




もう、途中からどんどん応援が楽しくなってきました。



(もう少し続きます)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。