新潟の街でランニング (あと、アルビのことも)

へっぽこながらもランニング続いています。2年目にしてフル出場も果たしました。
あと、週末はアルビです。飛んで跳ねて声枯らしています。

「雪、終了。終わり!」 〜ランニングが滞ってることに対する言い訳を行間にこめて〜

週が明けて、新潟は気温が一気に上がってきました。
大雪から一転、今週の天気予報は雨マークが並びます。当然気温も上がり雪も解けていくことでしょう。



・・・つうか、数日で勝手に解けるくらいなら最初から降らなきゃよかったじゃんねえ。




木曜日に3回、さらには金曜日にも土曜日にも月曜日にも雪かきに励んだ妻は、「あれも有酸素運動だよね、だいぶ脂肪燃えたよね」としきりに同意を求めてきます。
一方で、「もう今年は雪かきしない。雪、終了。終わり!」と高らかに宣言。
例年、新潟における雪のピークってむしろ2月頃なのですが、それは知らんぷりです。



妻が雪かきを頑張っていた先週、私はその雪のために新潟に帰ることができませんでした。ようやく帰ることができたのが13日土曜日でした。


天気が持ち直してきた今週は、先週帰れなかった反動で連日新潟に帰っています。


まちなかの道はまだガタガタで、その影響でバイパスもずっと混んでいて、いつもより帰宅時間は大幅にかかりますが、それでも新潟に帰ってます。


結果、ランニングに勤しむ時間は削られてしまいまっていますが、それでもやはり家族で過ごすのは楽しいですね。



私が家に帰る頃には、家族はみんな食事が済んでいます。


私ひとりのために妻が料理を温めなおし、並べてくれます。
それを私が頂いている間、妻は私の対面に座り、ここ数日いかに雪かきが大変だったかを力説し、ガタガタ道のせいで子どもの送迎がいかに大変だったかを重ねて訴えかけてきます。
がんばったね、大変だったねと相槌を打っていると、脇から娘が学校であった出来事を伝えてきて、息子がホニ選手の契約に関するゴタゴタについて問いかけてきます。



まあ、賑やかですよね。



大雪が降ると、家族が一致団結して日常生活を維持しなければならない(雪かきはもちろん、買い物とか子供たちの送迎とか、そういったものまで)わけですが、そんな時間が一層家族の絆を深めてくれるような気がします。


雪国は大変だけど、そして雪がなくても家族の絆は紡いでいくことができるものではあるけれど、それでもこういう時間はなんとも幸せに感じますし嬉しく感じる次第です。



とはいえ、雪はもうお腹いっぱいですけどね。
妻じゃないけど、雪、終了。終わり!

大雪の中では大人しくしてるに限る(雪かきは忘れずに)

11日木曜日から新潟市は大雪。全国ニュースにもなりましたね。



私の職場がある地域も、新潟市ほどではありませんがそれでも朝からずーっとずーっと雪が降りやみませんでした。


夕方に残業していると、早めに仕事を終えた同僚がなぜか戻ってきます。


「雪が60cm積もってる」
「除雪しないとクルマが動かない」


事務所のスコップを持って再び駐車場に駆けていきました。



私のクルマは、宿舎の駐車場に駐めていました。
宿舎に帰ってみると、クルマの周りには雪。クルマの上にも雪。



どうせ週末新潟に帰るまでクルマ使わないからなんて思って放っておくと、降ったばかりの頃はふわふわしていた雪が一晩で圧雪に変わり、おまけに冷気のせいでカチコチに凍ってしまい、あっという間に除雪が困難になってしまいます。


積もったらその場で少しずつでも除雪してしまうのがコツ。
ということで、スノーダンプを持ち出して簡単に除雪作業を行いました。
プランクの効果か、結構スムーズに作業をすすめることができました。思いがけないランニング効果(ステマ)




12日金曜日。
新潟市から通っている同僚は軒並み遅刻。


前日の帰宅も大変だったそうで、普段なら1時間程度の帰り道が、渋滞のせいで3時間以上かかったそうです。


雪のためガタガタになった道路。車高が低かったりパワーがさほど出なかったりというクルマはどうしてもノロノロ運転になってしまいます。
ちょっとした坂道が登れなくなったり、ともすると轍にはまってしまったりと、あちらこちらで立ち往生。


結果、普段すいすいのバイパス道路も大渋滞になってしまいます。


這々の体で帰宅したのもつかの間、翌朝は普段よりも2-3時間ほど早く起きなければなりません。
クルマを出すために除雪作業をして、凍ったフロントガラスがあたたまるのを待って、そんでまたガタガタ道の渋滞を覚悟する。
新潟組の同僚は、皆朝から憔悴した顔をしていました。


宿舎で過ごした私、正解でした。



普段宿舎で過ごす夜は、時間があれば体育館に繰り出すわけですが、雪が激しく積もった夜に不要不急の外出はしません。


雪も怖いがもっと怖いのがアウトバーン。どこでハンドルを取られるかわかりません。
自分が気をつけてのろのろ走っていても、周りの事故に巻き込まれるかもしれません。
さらには目の前で歩行者が転倒して大惨事なんてことにもなりかねません。


大雪の夜は家でおとなしくしているに限ります。



新潟市の自宅に電話したら、家の前をかいてもかいても雪が積もるものだから、3回も雪かきしたと妻からの報告。
娘も息子も手伝ってくれたそうです。上越にいた頃はすぐに飽きて近所のお友達と(父親たちも)雪遊びに興じていたものですが、頼もしくなりましたねえ。
子供たちにも電話に出てもらい、「お母さんを手伝ってくれてありがとう」と告げました。




そして13日土曜日、新潟へ帰還。
あらかじめ雪かきをしておいたおかげで大きな問題なくクルマを出すことができました。


新潟市に入ってから、雪の量はむしろ増えていきました。
家の前には私道があるのですが、雪が膝くらいの高さにまで積もっていて、近所の方々が雪かきしてる。
とてもクルマを乗り入れることはできません。


まわりのコインパーキングに一次避難と思っても、どこも雪が存分に積もっていて、違った意味で開店休業状態。


諦めて街中まで出てタワーパーキングに駐めて、歩いて自宅に戻りました。



「私の3度に渡る雪かきがすべて無駄に終わってしまった」と嘆く妻を慰めつつ、ご近所の方々に混ざって雪かき開始です。


あるていど片がついたところで、リビングでふんぞり返ってテレビを見ている子供たちに着替えを促します。


この日はアルビの激励会。


この天気ですので、会場の県民会館まで歩いていくよと伝えると、なぜだかなんだかうれしそうな子供たち。しっぽがあったらばっさんばっさん振る勢い。
まったく、犬と子供は雪が大好きですね。


(不定期に続く)

乙女心と冬の雪。体育館で忍耐力を身につける。

クリスマスから大晦日そしてお正月。


この年末年始のイベントに絆されて、ぐぐっと伸びた我が家のエンゲル係数。その反動は、文字通り体重計に重くのしかかります。


まあ、簡単に言えば正月太りですね。ええそうですね。




さて。


そんな年明け第一弾の3連休。


6日土曜日。
正月休みの反動から結構ハードにお仕事でした。


7日日曜日。
以前から行きたいと思っていたステップスポーツの初売りへ。
体育館用に薄手のウエアが欲しくて、上下セット50%オフのウエアを購入しました。


さらに、2000GT NEWYORK5が約半額になっておりまして、やむなく(?)ゲット。
私、体育館用のシューズは専ら2000GTなんです。
体育館用にシューズを下ろすなんて、雪国ならではですかね。


仕事を終えてから体育館にでかけて、ランニングコース走ってエアロバイク10-15分漕いでストレッチして。
最近ではエアロバイクやストレッチはiPadで動画見ながらゆるゆるとってのがマイブーム(死語?)です。



そんな感じの最近のラン環境。
1周200m弱のランニングコースで15-20kmくらい走るわけです。
緩急加えたり、ときには途中で休憩挟んだりして、どうにか飽きないように工夫しながら走っています。まあ、忍耐力はつきますね(苦笑)。



とまあ、否が応でも窮屈感を感じざるをえないままに走ってきましたので、1月7日-9日の3連休は、天気さえ許してくれるならぜひとも新潟島を走りたいと思っていました。




ところが。



仕事に明け暮れた6日。
お買い物に明け暮れ、帰宅後1時間特別枠のサザエさんが終わったところで前日の仕事疲れからばたんきゅーってなってしまった7日。


3連休の2/3が、こうしてあっという間に消化されていっちゃったのでした(切ない)。




そしてラストチャンスの8日月曜日。
これが思いの外にいい天気でした。


灰色の雲、チラチラと降る雪、そして荒波がざばーんっていうのが冬の日本海のイメージなのではないかと思うのですが、ときにウソのような快晴に恵まれることがあります。
8日はまさにそんな感じでした。



前の日のバタンキューのおかげで目覚めはシャキーンと午前6時。
ゆっくり支度をして7時前に出発します。


すでにうっすらと明るみが増していました。冬至を過ぎて、寒空ながらも徐々に日が伸びてきているんですね。



海岸道路に繰り出し、久しぶりの新潟島1周です。
やっぱり外を走るのは気持ちいいですね。風もそんなに強くなくて心地よいランニングになりました。



海岸道路から新潟大堰橋を渡り、そのまま堤防沿いに平成大橋まで出て、平成大橋を渡って折り返し、本川大橋を渡って再び新潟島に戻ってくる。
勝手に新潟島大回りルートと名付けてます。新潟島飛び出しちゃってますが。


この日はさらにもう半周だけ新潟島を回って、計32kmのランニングとなりました。


これからもう少し日が長くなれば、朝ランも少しずつ再開できるかな、そうすればもう少し距離も伸ばせるかななんて思いながら家路についたのでした。





・・・それが10日水曜日はドカ雪。11日木曜日は更に大雪。
これから再び週末にかけて豪雪がつづくそうで。
まったく、冬の日本海の天気の移ろいたるや恐ろしいものがあります。乙女心とか秋の空とかの比ではありません。



ということで、8日は思いがけず貴重な1日となりました。


ランニングは再び体育館がメインコースになりそうです。
がんばれ2000GT NEY YORK! あとiPad!




とまあ、いよいよ本格的な大雪に見舞われそうな今週末。
実は13日土曜日には、県民会館でアルビの激励会があるんですよね。
ここ数年、雪とか寒さとかに見舞われる激励会なことだなあ・・・^^;