新潟の街でランニング (あと、アルビのことも)

へっぽこながらもランニング続いています。2年目にしてフル出場も果たしました。
あと、週末はアルビです。飛んで跳ねて声枯らしています。

関東甲信梅雨入り! ・・・新潟は?

7日水曜日。


関東甲信、東海、近畿地方などで梅雨入りが宣言されました。


雪がやんで春になって、さあランニングが楽しい季節になったぞと気持ちが乗ってきた矢先の梅雨入りです。
これから晴れ間が貴重になってくるのだなあ・・・と思ったのですが、よくよくみると「関東甲信」。「越」は入ってないんですね。



昔は「関東甲信越」と言っていたような気がします。甲信越とは、甲州・信濃・越後で山梨と長野と新潟のこと。これに関東地方を合わせて関東甲信越というくくりになります。



いつのころからか「関東甲信越」という表現がなくなり「関東甲信」と言われるようになりました。新潟、除け者・・・(涙)



梅雨明けのときも同じでして、「関東甲信は梅雨明け宣言」なんて言われるんですよね。
なので、新潟はいつ梅雨入りしていつ梅雨明けしたんだろうっていつも思ってました。


曇り空が多い地方ゆえ、梅雨も何もあったもんじゃないってことですかそうですかとふてくされたりもしたものですが、ここは冷静になって天気予報における地方の分け方を調べてみることにしました。



そしたらびっくりポン(既に死語)。


いつの間にか新潟県は、北陸地方に組み込まれてたんですね。気象協会のウエブサイトでも、福井県・石川県・富山県と並んで普通に新潟県が描かれています。


知らなかった・・・
北陸地方と言えば北陸三県というイメージですので、お邪魔しますって感じ。



じゃあどこにいるのがしっくり来るのかといえば、確かによくわかんないんですけどね。



サッカーでアルビが地域リーグ戦ってた頃は「北信越リーグ」に所属していました。


今のアルビ、松本山雅、ツエーゲン、カターレ、パルセイロは北信越リーグ出身。
これらのクラブでJ目指して競い合うとか、今思うとホント無理ゲー。「ムダに過酷な地域リーグ」とはよく言ったものです。



小学校の頃は、新潟県は中部地方ですと習いました。


甲信越地方というくくりも、一般的にはまだまだ健在です。



いろんな地方にほいほいとお邪魔する新潟県。

今回に関して言えば、北陸三県さんともどもまだ梅雨入りしてないってことでいいんですかね。



雨が降れば走るのもままならなくなってしまいます。
走れるうちに走っておこうということで、今日もランニング敢行です。


明るいうちから走ることができたので、最初は(自分なりの)ペース走。キロ5分前後を目指します。



暗くなってきたところでペースを落としてトータル17km。


公園でウォーキングして十分にストレッチしてから帰宅しました。




これからも、北陸地方が梅雨入りする前に距離稼ぐことにします。
・・・なんてこの記事書いているうちに、外では雨音がしています。


(藤子・F・不二雄大先生「ドラえもん」10巻・小学館)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。