新潟の街でランニング (あと、アルビのことも)

へっぽこながらもランニング続いています。2年目にしてフル出場も果たしました。
あと、週末はアルビです。飛んで跳ねて声枯らしています。

(アルビL 0-0 くノ一)高校生ルーキー・唐橋選手のデビュー戦 (追伸・今日の桜)

26日日曜日。


息子別件の用事にて、私ひとりでなでしこ開幕戦へ。
午前の私用にて、キックオフギリギリの市陸入りとなりました(なでしこ観戦も私用ですが^^;)。


大観衆が見守る中でのキックオフです。

公式発表では入場者数1768人とのこと(写真はぼかしてあります)



高校生ルーキー(高卒ではなく高校生)・唐橋選手がいきなりデビュー。上尾野辺選手とダブルボランチを組みます。



前半、風下で苦しむアルビ。


相手のコンパクトな陣形と素早いプレスに手こずります。
なかなかセカンドボールを取れない。たまにスルーパスが入っても、オフサイドに引っかかる。


逆に、プレスからショートカウンターを食らい、パスをつながれてヒヤヒヤするシーンを何度か作られてしまいます。



「萌乃(この日はセンターハーフ)、ボランチ入れ! チェンジ!」スタジアムに響く監督の声。これもなでしこリーグ観戦の醍醐味です。


ボランチを上尾野辺選手と阪口選手に組み替えて、セカンドボール奪取と前線へのフィードの精度を高めようと試みますが、なかなかうまくいかないままに前半終了。



阪口選手(アルビ#15)と並んでロッカールームに引き上げる高橋悠選手(くノ一 #5, 昨シーズンまでアルビの選手でした)




後半、風上に立って爆発に期待! 



・・・しかし、やはりなかなか相手の堅守を崩すことができません。
しばしばカウンターを食らうのも同じ。デフェンス陣が奮起して、ピンチをしのぎます。


終盤、上尾野辺選手を最前線に出して攻め込もうとしますが、今日は最後の最後までラストパスがつながりませんでした。



結局0-0のまま試合終了。



強い風が吹く中での開幕戦。
正直、動きが良かったのはくノ一だったでしょうか。


ただ、中村選手・左山選手、小原選手や上尾野辺選手、大石選手をはじめ、さすがの安定感をみせてくれた選手もたくさんいました。唐橋選手や川﨑選手のプレーにも今後への期待感が膨らみました。




試合後、大石選手と談笑する川村選手。



負傷離脱中の昨シーズンヒロイン・八坂選手。

この選手と小島選手の早い復帰が待たれます。




次節ホームは、4月2日、ビッグスワンでレオネッサ戦です。トップチームのFC東京戦とのダブルヘッダーになります。


昨シーズン皇后杯の雪辱を!!!





(3/26 22:00 追伸)
今日も白山神社の桜はきれいでした。

(撮影者の腕がアレですが ToT)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。