新潟の街でランニング (あと、アルビのことも)

怠け者がランニング続いています。2年目です。今年はフルマラソン出場が目標です。
あと、週末はアルビです。飛んで跳ねて声枯らしています。

チャンピオンシップ。優勝シャーレとともにどさくさ紛れに我が家でも「うえい!」 そして竜馬選手と達也選手、ありがとう!

いやあ、いい試合でしたね。


(新聞テレビ欄、雑な縦読み^^;)(新潟日報, 平成28年12月3日)


高木選手の鋭いクロスに興梠選手のボレー。
遠藤選手のふわりとしたクロスに金崎選手のヘディング。
どちらも素晴らしいクロスからの得点でした。
レッズが先制、アントラーズが前半のうちに追いつき、全くわからなくなりました。
本当に、どちらも頑張れって思いでテレビに釘付けでした。


そして後半。途中出場の鈴木選手の鋭い飛び出し。たまらず槙野選手がファウル。
金崎選手がしっかりPKを決める。


そこからのレッズ、攻撃に少し焦りがみられたかな。
一方でアントラーズ。昌子選手を中心に、集中力のあるしたたかな守り。さすがの試合巧者ぶりでした。




優勝セレモニー。
シャーレを掲げるべく構える小笠原選手。そのままサポーターに向かって「いくぞいくぞ」って感じに手でジェスチャー。
そして、選手・サポーターみんなで「おーーーーーーーー、うえい!」ってシャーレを掲げながらバンザイ。



いいなあ。
一度でいいからやりたいなあ。
J2優勝のときはああいう形の表彰式はなかったからなあ。


ということで、なぜか我が家も4人で一緒に「うえい!」ってやっちゃいました。
あまりに羨ましかったので。
どちらのチームも平等に応援してたんですけどね。


来シーズンは、ビッグスワンのゴール裏でいっぱい「うえい!」をやりたいものです。



しかしアントラーズ、18冠だそうで。本当にすごい。
選手、サポーター、関係者の皆さん、本当におめでとうございます。



---------
さて、一方の我がアルビ。
11月29日に西村竜馬選手が、30日に田中達也選手が契約更新をしてくれました。


西村選手、ユースから昇格後、ブラジルやJFLで武者修行を続けて、4年めにして初めてJ1のピッチに立ちました。
正直ミスもしばしばあったけど、気迫のこもった泥臭い守りやデビュー戦で見せた積極的なミドルシュートなど、ここぞというときに存在感を見せてくれました。


田中達也選手、レッズから移籍してきて来シーズンで5年目になるんですね。
こんなに長く一緒に戦えるとは、正直思っていませんでした。
全力でピッチを駆け回り、ガシガシ前線からプレスを掛けて、ボールを受けると一気に前に推進する。この選手がオレンジのユニフォームを着ているという事実は、サポーターとして本当に誇らしいです。



今日3日の練習試合をもって、トップチームはオフに入ります。
新体制の発表を、楽しみと不安とを行ったり来たりしながら待つことにします^^;

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。