新潟の街でランニング (あと、アルビのことも)

へっぽこながらもランニング続いています。2年目にしてフル出場も果たしました。
あと、週末はアルビです。飛んで跳ねて声枯らしています。

大雪の中では大人しくしてるに限る(雪かきは忘れずに)

11日木曜日から新潟市は大雪。全国ニュースにもなりましたね。



私の職場がある地域も、新潟市ほどではありませんがそれでも朝からずーっとずーっと雪が降りやみませんでした。


夕方に残業していると、早めに仕事を終えた同僚がなぜか戻ってきます。


「雪が60cm積もってる」
「除雪しないとクルマが動かない」


事務所のスコップを持って再び駐車場に駆けていきました。



私のクルマは、宿舎の駐車場に駐めていました。
宿舎に帰ってみると、クルマの周りには雪。クルマの上にも雪。



どうせ週末新潟に帰るまでクルマ使わないからなんて思って放っておくと、降ったばかりの頃はふわふわしていた雪が一晩で圧雪に変わり、おまけに冷気のせいでカチコチに凍ってしまい、あっという間に除雪が困難になってしまいます。


積もったらその場で少しずつでも除雪してしまうのがコツ。
ということで、スノーダンプを持ち出して簡単に除雪作業を行いました。
プランクの効果か、結構スムーズに作業をすすめることができました。思いがけないランニング効果(ステマ)




12日金曜日。
新潟市から通っている同僚は軒並み遅刻。


前日の帰宅も大変だったそうで、普段なら1時間程度の帰り道が、渋滞のせいで3時間以上かかったそうです。


雪のためガタガタになった道路。車高が低かったりパワーがさほど出なかったりというクルマはどうしてもノロノロ運転になってしまいます。
ちょっとした坂道が登れなくなったり、ともすると轍にはまってしまったりと、あちらこちらで立ち往生。


結果、普段すいすいのバイパス道路も大渋滞になってしまいます。


這々の体で帰宅したのもつかの間、翌朝は普段よりも2-3時間ほど早く起きなければなりません。
クルマを出すために除雪作業をして、凍ったフロントガラスがあたたまるのを待って、そんでまたガタガタ道の渋滞を覚悟する。
新潟組の同僚は、皆朝から憔悴した顔をしていました。


宿舎で過ごした私、正解でした。



普段宿舎で過ごす夜は、時間があれば体育館に繰り出すわけですが、雪が激しく積もった夜に不要不急の外出はしません。


雪も怖いがもっと怖いのがアウトバーン。どこでハンドルを取られるかわかりません。
自分が気をつけてのろのろ走っていても、周りの事故に巻き込まれるかもしれません。
さらには目の前で歩行者が転倒して大惨事なんてことにもなりかねません。


大雪の夜は家でおとなしくしているに限ります。



新潟市の自宅に電話したら、家の前をかいてもかいても雪が積もるものだから、3回も雪かきしたと妻からの報告。
娘も息子も手伝ってくれたそうです。上越にいた頃はすぐに飽きて近所のお友達と(父親たちも)雪遊びに興じていたものですが、頼もしくなりましたねえ。
子供たちにも電話に出てもらい、「お母さんを手伝ってくれてありがとう」と告げました。




そして13日土曜日、新潟へ帰還。
あらかじめ雪かきをしておいたおかげで大きな問題なくクルマを出すことができました。


新潟市に入ってから、雪の量はむしろ増えていきました。
家の前には私道があるのですが、雪が膝くらいの高さにまで積もっていて、近所の方々が雪かきしてる。
とてもクルマを乗り入れることはできません。


まわりのコインパーキングに一次避難と思っても、どこも雪が存分に積もっていて、違った意味で開店休業状態。


諦めて街中まで出てタワーパーキングに駐めて、歩いて自宅に戻りました。



「私の3度に渡る雪かきがすべて無駄に終わってしまった」と嘆く妻を慰めつつ、ご近所の方々に混ざって雪かき開始です。


あるていど片がついたところで、リビングでふんぞり返ってテレビを見ている子供たちに着替えを促します。


この日はアルビの激励会。


この天気ですので、会場の県民会館まで歩いていくよと伝えると、なぜだかなんだかうれしそうな子供たち。しっぽがあったらばっさんばっさん振る勢い。
まったく、犬と子供は雪が大好きですね。


(不定期に続く)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。