新潟の街でランニング (あと、アルビのことも)

へっぽこながらもランニング続いています。2年目にしてフル出場も果たしました。
あと、週末はアルビです。飛んで跳ねて声枯らしています。

(SupTig社、ReUdo社)ウエストライトやヘッドライトのおはなし。ちなみにReUdo社様は新潟県十日町市の会社です。

朝ランにもウエストライトが必須の季節になりました。
朝5時でも真っ暗ですもんね。



ヘッドライトとかウエストライトとか、夜ランをしていた頃に買うか否か相当悩み続けました。
正直ライトつけて走るとか、当方そこまでシリアスなランナーでもないくせに、なんだかこっ恥ずかしいじゃんとも思ったりしていました。



でも、やっぱり足元がよく見えないのは危なすぎる。
つまずいて転んじゃったこともありました(基本は運動音痴(低スペック))。



膝をさすりながら意を決します。


よし、ライトを買おう。


朝とか夕方とかに懐中電灯をぶら下げてウォーキングや犬の散歩をなさっているお年寄りがよくいらっしゃいますが、よくよく考えてみればそういう方々と大して変わらないわけですよね。




ヘッドライトにウエストライトにペンダントライト。靴や帽子に装着するライトまで。
いろいろ調べてみた結果、ウエストライトを購入することにしました。


頭より腰のほうが地面に近いし、より明るく照らしてくれるんじゃなかろうかという、短絡的な発想です。




最初に購入したのは、ReUdo社のランニングライト。



Bluetoothキーボードなどで知られるReUdo社。私もiPad用キーボードに同社製のRBK-3000BTを愛用しています。




この会社、LED製品も多数出しています。このウエストライトもそのノウハウを活かした製品ですね。



実はこの会社、本社が新潟県十日町市にあるんです。
おまけに主要株主には、アルビ初代代表取締役である池田弘氏らが名前を連ねます。




これは否が応でも親近感が湧きますね。


—-

さて、十日町といえば清津峡です(絶対的主観)。
日本三大峡谷。


子供の頃に家族で旅行に行きました。



川の両脇にそびえる岩壁。
遊歩道「渓谷トンネル」。
本当に絶景です。


あと、十日町市といえばふのりそばですね。
「布海苔」という海藻をつなぎに使った、つるつると美味しいおそばです。
「へぎ」という器に盛って提供される「へぎそば」も十日町市発祥です。

個人的には、「由屋」さんが好き(定番ですが)。



---
ということで、だいぶ脱線しちゃいましたけど、ReUdo社のランニングライト。
ライト部は小さくてコンパクト。とても軽いです。
単4電池3本でとても明るく光ります。


ライトの角度を変えることもできるし、レバースイッチで明るさの調節もできます。


非常に自由度の高い、それでいて目立ちにくいライトでした。



だがしかし・・・・
何度か使用しているうちにスイッチが少し埋没してしまい、うまく押せなくなってしまいました。
接触不安定なのか、つくときもあるけど概ねつかない。


残念ながらお蔵入りとなってしまいました。




ウエストライトはその名の通り腰に巻くので、非常に光の射し方が安定している印象でした。走っているあいだじゅう、安定して足元を照らしてくれました。


ヘッドライトやネックレスタイプのライトを使ったことがないので比較はできませんが、やはり次もウエストライトを探しました。




・・・ところが、これがなかなかみつからないんですね。




色々検索すると、先のReUdoランニングライトが真っ先にヒットします。

十日町、誇らしい。


でも、申し訳ないけど、個人的にはリピートするだけの度胸はない。使えている間は本当に素晴らしい製品だったんですけどね。




そんな中、漸くみつけたのがSuptig社という会社のLEDチェストライト。
香港の会社のようです。スマホの防水カバーとかダイビング用の撮影機材とかを作っているみたい。



この製品、ReUdo社のものとは一転、ライト部が非常に大きい。

腰に巻くベルトの他に、肩から袈裟懸けのようにかけるベルトもついています。
わたしは腰のベルトだけで使用しています。



ライトは大きいけど軽量。腰に巻いても違和感はありません。
ウエストポーチと併用しても問題なし。
無用の長物と化した袈裟の部分のベルトがかさばりますが、気になるほどではありません。



前方のLEDは、ひとつのボタンで2段階の明るさ調節、または点滅モードが選べます。

さらに後方にも赤いLEDがついていて、前方のライトと独立したスイッチで点灯できます。


視認性は抜群だと思います。


ハイビームで向こうからやってきたクルマが、比較的距離のあるところでロービームに落としてくれます。


横断歩道を渡ろうとすると、殆どのクルマが余裕を持って停止してくれます。
早い段階からドライバーに認識してもらってるってことですね。

安心感がハンパありません。



そしてなにより丈夫。
購入して1ヶ月以上経ちますが、何の問題もなく使用できています。


さらにさらに、この製品は電源がリチウム電池になっています。USB充電できるのが嬉しいです。




ということでウエストライト。
買うまではうだうだ言ってたのですが、いまやライトなしでの暗がりランはとてもできません。
なんなら、ちょっとした買い物に夜道を歩く際にも使いたいくらい。



購入には相当勇気が入りますし、実際に初めて使うときはさらなる勇気が必要でした。
それがいまや、なくてはならない存在になっています。



夜の自転車でライトを照らすのと同様に、ランナーの方もあるいはウォーキングの方も、ライト使ってみてはいかがでしょうか。

すごく捗るし、安心感が高まることうけあいです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。