新潟の街でランニング (あと、アルビのことも)

へっぽこながらもランニング続いています。2年目にしてフル出場も果たしました。
あと、週末はアルビです。飛んで跳ねて声枯らしています。

久しぶりに代表戦を見た月夜の晩。それから、ラファの粋なファンサービス(涙)

※(11/16 付記) やっぱりむりやりはっちゃけるとかえってしんどいので、タイトルと文章の一部変更しました。



昨日(15日)は月が綺麗でしたね。明るい夜でした。
聞けば、14日がスーパームーン。


15日は新潟もそれなりにいい天気で、「ほぼ満月」を堪能しました。
こういう月夜は、流れる雲も綺麗ですよね。

(ほんとはこの何百倍も綺麗。スマホ+私の腕では限界もありますよね)



さて、なんでこんな高く上がった月を見上げていたかというと、帰宅が遅くなったからです。



21時過ぎまで仕事。この時点でランニングは断念です。


帰ろうとすると、同僚がテレビをつけていました。


覗いてみると、サッカーの代表戦。
実は私、アルビは応援してるけど日本代表のことはさっぱりわかりません。試合も本当に久しぶりに見た気がします。


「え、なんの試合?」
「これに勝つとワールドカップ行けるの?」


全くもって素人な質問を同僚にぶつけます。
そして、呆れられます。


「お前って、サッカーが好きなんじゃなくってアルビが好きなんだなw」


「いやいやいやいや、それを言ったらあんただって代表が好きなんじゃん。もっと地元のJリーグ見ようよw」

(高田桂, "サポルト! 木更津女子サポ応援記" 1巻, アース・スターコミックス)
(同僚はべつに"ダサい"とは言ってませんが)



まあ、ここはスポーツの楽しみ方における多様性ですからね。
お互いわかった上で言ってるわけです。



しかし、やっぱり代表の選手たちは迫力があるしうまいなあ。


清武選手のサイドネット突き刺すPKとか、大迫選手の切り込みとか、香川選手から原口選手への踵使ったアシストとか、本田選手のトラップとか、森重選手のパスカットとか、西川選手の相手シュートへのセービングからのロングフィードとか。


こういうプレイが見たいんだよなーとつぶやいたら、同僚ににやにやされてしまいました。


そんな感じに、まるで放課後のような時間を過ごしてから帰宅。


お陰様でいい月夜を眺めることができました。



帰宅後は筋トレして就寝。




----------
そして今朝。


気持ちよく目覚めて朝食いただいて、なんとなく開いたアルビの公式ウエブ。



【緊急告知】ラファエル・シルバ選手帰国に伴う写真撮影会実施のお知らせ





おいおいおいおいおいおい。
なんで、帰国ごときで写真撮影会なんだよ。なんてサプライズなファンサービスだ。





・・・あ。(察し)(わかっていたとは言え辛い)






しかし11月16日12:30-13:00って。絶対無理。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。