新潟の街でランニング (あと、アルビのことも)

へっぽこながらもランニング続いています。2年目にしてフル出場も果たしました。
あと、週末はアルビです。飛んで跳ねて声枯らしています。

(ガンバ3-1アルビ)声を枯らします。空気を共有します。

昨日(29日)は東京出張のあと、そのまま職場へ。そして宿舎で泊。


今朝新潟に帰ってきて、家族と交わした第一声が「うーん、困ったねえ」・・・



仕事中は試合を見ることができないので、携帯の速報メールが頼りです。
携帯が震えるたびに「ちょっと」とかなんとか言って席外してメールをチェック。


いきなり先制食らったよ。おお、追いついた。ああ、引き離された。なんだよ、勝ち点差考えればロスタイムの失点は痛いよ。


繰り返し”トイレ"に通い、都度顔が赤らんだり青ざめたり。
まるで病気ですよね。まあ、ある意味病気なんですけど。



この時点では、スコアしかわからなかったわけです。


悶々としながら切り替えて仕事をするのはいつも辛い。それでもやるべきことはしっかりやって。



帰りの新幹線で軽くオンデマンドチェック。



・・・うーん、困ったねえ。


・・・・・・・




今日の日報も、「微妙な判定」「涙でピッチを後にする」「悲しい」「悔しい」・・・。



次節、今のメンバーでのリーグ戦最後の試合。そこに彼らがいない。

シーズン一緒に頑張ってきた、それも中心的存在として頑張ってくれたレオ、ラファ、舞行龍と最後の試合を共にできない。


あまりに悲しすぎる。


特に昨今の報道から解釈すると、ラファの"涙"の意味するところはとてつもなく大きい。




とりあえずひとつ決まっているのは、11月3日は何が何でもビッグスワンに行くということ。


声を枯らします。空気を共有します。




(能田達規, サッカーの憂鬱 裏方イレブン, マンサンコミックスより)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。