新潟の街でランニング (あと、アルビのことも)

へっぽこながらもランニング続いています。2年目にしてフル出場も果たしました。
あと、週末はアルビです。飛んで跳ねて声枯らしています。

(アルビサポではありますが)齋藤学選手と息子のこと

横浜・F・マリノスに、齋藤学という選手がいます。


足が速くてドリブルが上手でいきなり加速して、闘志むき出しでゴールに向かってきて。


簡単に言えば、敵として本当に嫌な選手です。ゴール裏からの観戦で試合展開がよく見えない状況でも、左サイド、斎藤選手がいるであろう場所にボールが渡るときゃーやめてーってなる。



小学生時代からマリノス育ち。トップチームに昇格後、1年間J2の愛媛FC戦にレンタル移籍しています。
その愛媛でドリブラーとしての才能が注目されるようになります。
当時ベルマーレの監督をしていた反町康治監督(男前)が「最後は愛媛のメッシにやられた」とコメントしたことは有名で、エヒメッシなんて呼ばれるようになります。


マリノスに復帰後も中心選手として活躍します。


昨シーズンは一時海外移籍も取り沙汰されました。
クラブフロントも監督人事等で(客観的には)ごたごたしているようにみえ、そのタイミングで中村俊輔選手のジュビロへの移籍もあり、ばたばたしたイメージがありました(今になって思えば、お前が言うなって話ですね。すみませんToT)


そんなゴタゴタの中、海外移籍を目指していた斎藤選手が一転、クラブ残留を表明します。そこからごたごたがぐっと収束していき、むしろ何だか手強いぞって感じになった印象があります。(返す返す今となっては偉そうですみませんToT)


背番号10、そしてキャプテン。マリノスの精神的支えともいうべき選手なのだと思います。



アルビサポである私がなぜこの選手を取り上げるのか。
実は我が家、齋藤選手と接点? があるのです。



数年前のビッグスワンにおけるアルビ対マリノス戦。
息子、この試合のエスコートキッズに当選しました。残念ながらアルビ選手のエスコートキッズからは落選、マリノス選手をエスコートすることになりました。ちょっぴり残念そうな息子。
「でもほら、中村選手とか中澤選手とか齋藤選手とかエスコートできるかもしれないし」と励ましながら、気乗りのしない息子を集合場所に連れて行きます。


果たして選手入場。
息子、齋藤選手のエスコートキッズになってました。
双眼鏡で見ていた私、「おー、齋藤選手だ。すげー」って心のなかで興奮したものです。


でも、むしろそれからのほうが感動的でした。



無事役目を終えて帰ってきた息子が言うんです。


「齋藤選手から『ありがとう』っていってもらった」



息子、すごく目を輝かせて嬉しそうに教えてくれました。


息子の「エスコート」という仕事。その仕事に敬意を示し、感謝を告げてくれたんです。子供がしっかり仕事をこなしてくれたと認めてくれたんです。


通常は手を繋ぐというファンサービスと捉えるのだと思うんです。実は私もそう考えていました。
齋藤選手は、そうではなかった。


息子は、当然アルビの選手のファンであり、マリノスの選手に対してはさほど感情はありません(ごめんなさい)。
でもJリーガーが憧れの存在であることにはかわりがありません。
そんな憧れの存在から敬意をこめた「ありがとう」という言葉をもらった。
これはもう嬉しくて嬉しくてってなりますよね。



その後の息子にとって、齋藤選手はアルビ以外で唯一の好きな選手となりました。ちなみにマネーフットボールの佐倉選手も大好きです(知る人ぞ知る・・・!)



わたしも、父親として齋藤選手のお心遣いにとてもとても感激しました。
対戦相手としては嫌な選手だけど、人間としては本当に素晴らしい!!
息子は本当に幸せ者です。



そんな齋藤選手、9月23日のヴァンフォーレ戦で右膝前十字靭帯を損傷してしまいました。


ワールドカップ代表候補にもなり、さあこれからという矢先のできごとでした。


ツイッターでもそのショッキングな胸の内を語っています。
本当に多くのコメントが寄せられ、リツイートが繰り返されています。この流れからも齋藤選手のおひととなりが伝わってくるようです。



私も上記のエピソードを織り込んだメッセージをツイートさせてもらいました。
何の気なしに思いをコメントしただけのつもりでしたが、ありがたいことにびっくりするほどに反響をいただきました。
それでついつい、SNSでは書ききれない思いをブログに書いてしまいました。




前十字靭帯損傷。決して簡単な怪我ではありませんが、ぜひとも復帰してもらいたい。
嫌な敵として、またビッグスワンのピッチに立ってほしい。
そう思います。


(アルビもJ1にいないとね!!!!)(切実)




敵であれ味方であれ、怪我や病気に苦しむすべての選手の復帰を祈っています!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。