新潟の街でランニング (あと、アルビのことも)

へっぽこながらもランニング続いています。2年目にしてフル出場も果たしました。
あと、週末はアルビです。飛んで跳ねて声枯らしています。

プレーオフにうおー、ヤドクガエルにきゃー、体重計には蓋をする・・・

ここ数日は忙しくって、全然走ることができていません。
月100kmにさえ到底及びません。


これから一層走りにくい季節になるし、いまのうち走っておきたいんですけどね。歯痒いですね。。。って、禁断症状でる程度にランニングにはまってる自分にビックリです。


体重も心配ですが、最近は体重計に乗ってないので分かりません見えません(臭いものに蓋をする、いちばんよくない例)



来週半ばくらいで忙しさも一段落すると思われます。そしたらまた走ります。つうか走りたい。



忙しさから、新潟に帰ってきたのも久しぶり。
家族とゆっくりすごすのも久しぶり。


家族一緒のリビング。


娘と妻が、「危険生物」という図鑑をみながらきゃーきゃー言ってます。なんで「危険生物」なんだ?


「このアリ、毒針持ってるんだって」
「この昆虫、毒ガス放射するんだって」
「ひー、このカエルの色、気持ち悪いー」


・・・なんだかとっても楽しそう。


(ニューワイド学研の図鑑, 世界の危険生物, 学研教育出版, 2012より)(このカエルの毒を、先住民が吹き矢の毒に使ってたんですって。だからヤドクガエル)





そんな騒ぎのなか、息子はひとり静かに山雅-ファジアーノのプレーオフをスカパー! オンデマンドで見返しています。


前半の山雅、ちょっと硬かったかな? それでもセットプレーから1-1に追いついて、いよいよ山雅のペースになったかなと思った矢先のロスタイム。ディフェンスラインが高めに上がった裏をきれいに狙われて失点。


思えば、シーズン途中まで自動昇格圏の2位を維持し続けて、最後の最後にエスパルスに抜かれてしまい、さらに今日も最後の最後でファジアーノの前に屈してしまって。
本当に残念でした。


去年のゴールデンウィーク、山雅のホーム・アルウィンにお邪魔しました。シンプルな作りで見晴らしのいい、素晴らしいスタジアムでした。山雅のサポの方々もすごくフレンドリーで、事あるたびに声をかけていただきました。
来シーズンまた松本にアウェイ旅行だねなんて言ってたんですけどね。


しかしJ2はやはり恐ろしい。



そんな中、ファジアーノとセレッソの関係者の方々はおめでとうございます。来週の決勝もがんばってください。


それから、試合を見ることはできませんでしたがツエーゲンの関係者の方々もおめでとうございます。来週、そのまま残留を決めるのか、はたまた栃木SCの巻き返しはなるか。




火曜日と土曜日にはチャンピオンシップがありますし、日曜日には入れ替え戦の2ndレグとプレーオフの決勝がありますし。
ぼちぼちアルビの人事発表も少しずつあるかもしれませんし。


来週もJリーグ三昧になりそうですね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。