新潟の街でランニング (あと、アルビのことも)

へっぽこながらもランニング続いています。2年目にしてフル出場も果たしました。
あと、週末はアルビです。飛んで跳ねて声枯らしています。

視線を前に向けると背筋が伸びます(by 小学校の担任先生)

最近、夜のランニングはもっぱら公園です。
昨日(26日)はいつもより多くのランナーさんがいらっしゃいました。


いかにも健康増進のためにジョグをやっていますというようなスローペースの男性。
ストライドがぐいっと伸びてるんだけど、すごく軽やかなフォームの男性。
私より背丈は小さい上に無駄な力が入ってない、それなのにピッチが速い女性。
犬を引き連れて(犬に引き連れられて?)小走りの女性。


フォームがいい方の走りを見ると、ついつい目で追いかけちゃいます。もちろん立ち止まってじっと見る訳にはいきませんが。


それから、犬の前を走り抜けようとすると、犬が「お、やるか?」みたいな目で耳と尻尾をピンと立てて、なんならそのままマッチレースしようかって勢いでこっちに向かってこようとするのってなんなんでしょうかね。




さて、これまでの夜ランでは、比較的短い距離を走るときやペースを作る練習をしたいときは公園、長い距離を走りたいときは街なか、という感じにコースを分けていました。


同じところぐるぐるまわり続けると飽きちゃうし距離もわかんなくなっちゃうので、公園での長距離は敬遠してたんです。
実際、10km走るべきところを間違って11km走っちゃって「損したー!」(?) ってなったこともつい最近ありました。
(悲報)まるお、時間感覚だけでなく距離感覚ももってない - 新潟の街でランニング (あと、アルビのことも)



私の体の中にもあるはずの体内時計や体内距離計、体内方位磁針。
どれもこれも使いものになりません。
必要ないものを退化させてきた、いわば文明社会の申し子とでも申しましょうか (勝手に申してて下さい)




・・・何の話でしたっけ。



そうそう、公園。
これまでは1周1km強の公園を10周とかそういうのは敬遠してたんです。食わず嫌いです。


でも、「ゼロから始めるフルマラソンの本」のペース走見ると、普通に10kmとか走るんですよね。


仕方ないので、公園をぐるぐるまわることになってるわけです。距離間違えたりするわけです。



でも昨日、ふと思いました。


夜に街なかでなく公園を走ることには、いろいろとメリットがあるんだなって。
ランナーの皆様にとっては当たり前のことなんでしょうけど。



まず、信号がないし車が(ほとんど)いない。
これはわかりきった話ですね。だからペース走を公園でやるわけですね。


それから、道路がフラット。
これは相当重要なことだと(今更)気づいた次第です。



街なかの道路って、段差式歩道とか路肩とか側溝とかかまぼことか、結構でこぼこしてるんですよね。あとところどころアスファルトが剥がれていたりもする。


夜に走るとそういった段差に躓きそうになるので、自ずと視線が足元に落ちてしまう。


前向いて走ってるつもりが、下ばかり向いて走ってたんですね。

たまに広くて整地された道路に出るとぐっと走りやすくなる感覚は、道が広いってことだけじゃなくて視線を前に向けることができてフォームが楽になるからだったんですね。



一方、私がいつも走ってる公園は、ごく一部を除いてフラットなアスファルトの遊歩道になっています。道幅は広いし、段差はほとんど皆無。足元を一切気にしなくていいんです。
そのことについ昨日気づいたんです。まったくもって今更ですけどね。



下見る必要がないってことは、走ってる間ずっと前向いていられるってことです。


前を向くことで、おへそがぐいっと前に出る(気がする)。脚を前に踏み出しやすくなる(気がする)。

それから、例えば目の前の木を目標に、視線がまっすぐぶれないように走ることで、体がふらついていないかのチェックになる(気がす・・・もういいですね)



私みたいなへっぽこが夜の街なかを走ると、視線が下ばかり向いちゃって、ただでさえ定まってないフォームが一層崩れかねない。
その点公園では、走っているあいだ視線をずっと前に向けていられる。フォームが(自分なりに)安定する。
これだけでも相当なメリットなんじゃないのかなと。
そう思った次第です。



重ね重ね今更ですね。



でもね、自分なりには楽しいんですよね。こうやっていろいろ考えながら走るのって。


伊坂幸太郎の小説にしばしば登場する「今村」という空き巣見習いの男がいます。映画「ポテチ」では濱田岳が演じていました。
彼は、全く学がないんですけど、自力でピタゴラスの定理とか万有引力とかを発見しちゃう。
恐れ多くもそんな感じ。きっと今村も日々楽しいんだろうな。

映画『ポテチ』予告編



さて、やっぱり前見て走るのは気分いいですね。下見てるよりも気持ちがおおらかになりますね。爽快です。



「視線を前に、背筋を伸ばして」


小学校時代の先生の言葉が脳裏に蘇ります。このトシになってこの言葉の真髄(?)を見ることになるとは。



エンドルフィンの効果も手伝って、ぐるぐる回っていても全然飽きない。ホント、食わず嫌いでしたね。いくらでも走っていられる感じです。・・・いくらでも、ってのは言いすぎですが。




ということで。
今日は6分/kmで5km、5分/kmで5km、6分/kmで2kmというビルドアップメニューをやってみました。


(ラスト2km、アップアップですね^^;)


(内山雅博先生. "ゼロから始めるフルマラソンの本", 枻出版社)(内山先生、調子こいてすみません。前向いて走るのがホント楽しかったもので・・・)


ラスト2kmのクールダウン。すごく救われました。よく考えられたメニューです。




気分いいとすぐに調子こくのは困りものですね(そんな自分がきらいじゃないのがもっと困り者)(てかあまり困ってない)



調子悪いときや脚なんかに違和感あるときには調子こきません。それは絶対です。もう辛い思いはしたくないですからね。
それはどうぞご安心下さいませ。
ストレッチやクーリングにもしっかり時間をかけてます。



しかし、膝に痛みがないってのは本当に嬉しいことですね。健康第一。
トレーニングや走り方って大事なんだなあ(これも今更ですね)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。