新潟の街でランニング (あと、アルビのことも)

へっぽこながらもランニング続いています。2年目にしてフル出場も果たしました。
あと、週末はアルビです。飛んで跳ねて声枯らしています。

夢の跡、そして寝落ち。そしていつもの無邪気な(?)クリティカルヒット

昨日(10月10日)、新潟シティマラソン後の高揚のままに走ってきました。


シティマラソンの待ち時間にも寒いなと思ったけど、この日は一層冷えました。厚い雲はすっかりいわし雲だし、日本海にはときどき荒波が上がります。

すっかり秋めいてきました。


新潟はこれから天候が崩れやすくなるし、冬になれば雪が降るし、いまがいいコンディションで走るラストチャンス。


シティマラソンの開始式でQちゃんが、「これからいよいよ今シーズンが始まるんだと思うとワクワクする」というようなことをおっしゃっていましたが、新潟のシーズンはほんとに短い^^;
自分にやる気があって(ここが重要)しかも天気が良い(ここも重要)日というのはこれからますます貴重になります。



貧乏性ゆえ、走れるときは走っておこうということで25kmほどの我流"LSD"(山の日に海沿いを走ったら爽快でした。(あとLSD?のこと) - 新潟の街でランニング (あと、アルビのことも)


休日のひととき、贅沢に時間を使いました。



マラソン前まではあれだけいっぱいランナーの方がいらっしゃったのですが、今日はまばら。皆様お疲れ様でした。



シティマラソンではあんなに熱い空間になっていた萬代橋も県庁も、この日は本当に静かです。シティマラソンは夢だったんじゃないのってくらい。まさに夢の跡。
非日常的なイベントって、このメリハリが寂しくも楽しいですね。

(秋の曇り空と新潟県庁)(シティマラソンでは、このあたりでも多くのアルビサポの方から「アルビがんばれー!」って応援していただきました)



少し走ったところで妻から電話。
「娘ちゃんも走りたいって言ってるんだけど」


今日は午後から少し用事があるだけなので、私が走りたいだけ走ってから娘と合流することで合意。


果たして25kmのんびり走って一旦帰宅。
今日は最初からゆっくりペースだったし迷子にもならなかったし、前回の25kmとは違ってゆとりをもってゴールできました。


これからは焦らなければデパートでもおなじ出口から出られる! かもしれない!!(いや、無理だ!!)



軽くストレッチしていると娘登場。一緒に海岸道路に向かいます。
小学校のマラソン大会以来の親子ラン。

そういえばマラソン大会、娘は順位が少しだけ上がりました。
それよりもなによりも「前回は辛かったけど今回は楽しかった」って。
父ちゃん、その一言が本当に嬉しかった。これからも一緒に走ってもらえそうです。



さて、娘との2kmのランニング。
涼しくなったのもあって案外娘が速くて、25km走った後の身体に結構きつかった^^; 
成長してるな、娘(親バカ)



家に帰ると昼食は冷やしうどん。うどんとは聞いてたけど、冷やしで出してくれるあたりに妻の思いやりを(勝手に)感じます。



午後から用件を済ませて夕食を食べて、新潟シティマラソンの特番を録画してたのを見て、「自分もQちゃんとハイタッチしたんだよ!」「Negiccoに手を振ったんだよ!」って子供たちに自慢して、子供たちにキョトンとされて。


19時過ぎには朝まで寝落ち。



朝起きてはっと寝落ちに気づいて、シティマラソンって楽しかったけど体力使ってたんだなと今更ながらに思いました。


フル走る方を改めて尊敬する次第です。



妻「まるおも今日、頼まれもしないのに25kmも走ったんだもんね」(悪気全くなし)



・・・・はい。そのとおり。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。