新潟の街でランニング (あと、アルビのことも)

へっぽこながらもランニング続いています。2年目にしてフル出場も果たしました。
あと、週末はアルビです。飛んで跳ねて声枯らしています。

(不定期連載 "O脚と変形性膝関節症" その4) ロコモ? とタイムライト。あとファミコンといえばファミコンです

第1回
第2回
第3回
---------------
整形外科の先生からもうひとつ言われたことがあります。
「若いうちから腹筋を鍛えておきましょう」


若い・・・・? (そこは引っかかるところじゃない。断じてない)



腹筋が大切な体幹の筋肉であるということもそうなのですが、将来寝たきりにならないようにするためにと。長期的な展望です。



人間、起きるときには腹筋を使います。腹筋がなければ起き上がることができません。
一方で、一度起き上がってしまうと特殊な例を除いて腹筋はほとんど使いません。意識しないと鍛えられない筋肉なんです。言われてみればたしかにそうだ。


日常の中では鍛えられない筋肉であるため、年をとると真っ先に弱っていきやすい。そして朝起き上がることができなくなる。
これが寝たきりに移行するステップのひとつなのだそうです。


運動器の障害で日常生活に支障が出る。介護が必要になってしまう。ロコモティブ症候群と呼ぶそうです。


「腹筋、今のうちに鍛えておいた方がいいですよ。体幹トレーニングにもなるし損はありませんよ」と言われました。


先のヒールレスシューズ(踵なし靴)も紹介してもらいました。


靴屋さんからもお医者さんからも勧められたことになるわけで、流されやすい私としては相当悩みましたが結局まだ購入していません。



いまのところ、昔ながらのいわゆる「腹筋運動」のみやってます。寝る前に片足ヒップリフトや空中自転車こぎとあわせてやってます。



・・・しかし、どんなに強がってみても若いふりしてみても、いつのまにやら老後のことを考えなきゃいけない年頃になってしまったわけですね。


うーん、時の経つのははやい。光陰矢のごとし。

(藤子・F・不二雄大先生「ドラえもん」34巻・小学館)




そりゃあL球も名前がかわるわな。


C球、L球、カセットビジョン、ダンバイン、くるくるてれび、なめねこ、ヒゲダンス、オタスケマン・・・ (もはや世代隠しません)


そういえば、先日後輩から「自分が子供の頃はファミコンといえばスーパーファミコンでした」って言われちゃいました。


いやいや、ファミコンといえばファミコンでしょう。スーパーファミコンはスーファミ。ぜんぜん違う。

スーパーマリオ(無印)もドルアーガも知らない世代が普通に社会人やってるなんて。時の流れはなんて世知辛い・・・。



だんだん論点が変わってきちゃいました。
閑話休題。



まとめ;
今のうちから体幹トレーニングをすることでロコモ対策にもなります (これって結構重要なことだと思う)


これからもスキマ時間使って体動かすことにします。若いもんには負けてられん!





・・・・若い ?・・・・・(ひっかかるべきだったようです)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。