新潟の街でランニング (あと、アルビのことも)

へっぽこながらもランニング続いています。2年目にしてフル出場も果たしました。
あと、週末はアルビです。飛んで跳ねて声枯らしています。

スキマ時間に皇居ラン。新潟にもランステとかいろんなイベントとかがあると嬉しい。

15日土曜日。



朝から東京出張。仕事だけして早々に新潟に戻る予定でした。


スーツを着て、持っていったのも財布とタブレットくらい。



7時前に家を出て、バスで新潟駅について、そのまま新幹線に乗り込んで、9時すぎには東京駅に到着してしまいました。
このお手軽な時間的距離感は本当にありがたいですね。



ところがいろんな事情が重なって、午前に予定されていた用件の時間がずれてしまいます。昼過ぎまでぽっかり空き時間。



まだ早い時間。お店でもひやかそうと思っても、どこもまだ開店前。



・・・しかたない。こうなるとやることはひとつになってしまいますねえ。



そのまま丸の内を超えて皇居広場へ。大手濠沿いに歩きます。皇居周り、お散歩も楽しいですね。
桜もまだ咲いていました。


お濠と桜とのコントラスト。まさに日本の美風景。多くの外国人が足を止めていました。





そのまま濠を横目にぐるりと進むと、竹橋手前のランステ・Run Pitさんに到着です。



地下鉄竹橋駅直結であり、また東京駅からも歩いてお邪魔することができる。さらには皇居目の前というロケーション。
皇居で走ろうというときは、いつもお邪魔しているランステです。



これまでに2回使用したことがありますが、そのときはいずれもウエアとシューズ持参でした。
それが今回はスーツ姿の持参品なし。
ウエアからシューズまで一式レンタルの腹積もりです。



下着だけはレンタルするわけにいかないので(あたりまえ)、Run Pitの下階にあるセブンイレブンで調達しました。
それからソックスは、Run Pitで売っていたものを購入。



受付で手続きを済ませて、ウエアを選びます。デサント製。正直品揃えはそんなに豊富ではありませんが、どれもがシンプルなデザインで、安心して選ぶことができます。



シューズはリーボック。品名まではわかりませんでしたが、噂のポンプテクノロジーがついていました。


・・・・正直、私にはポンプの楽しさはよくわかりませんでした。すみません。
確かに空気が入ってきて、かかとを中心に締め付けられる感じはあるんですけどね。そこまでのホールド感だったかというと・・・。
日頃GlycerinやGT-2000のホールド感を満喫しているということもあるかもしれません。


ただ、これまでに経験したことのないメーカーのシューズでランニングさせてもらえるというのは、ありがたいですね。
お店で試着するだけではわからない、走ってみて初めて分かることも多いですからね。


ロッカールームで一通り着替えをすませて、いざ皇居へ。
ランニングウエアを着込むと、ついさっきスーツ姿で歩いてきた風景とは違って見えるから不思議です。


天気がいいこともあって、多くの方が走っておられました。観光客もたくさん。



細い小路は歩いて、観光客が多いところでは立ち止まって、広めの道では少しだけペースを上げて。


そんな感じに3周15km。1時間強。いい気分転換ができました。



シャワーを浴びてスーツ姿に戻って、何食わぬ顔で午後からお仕事。


スーツ姿で東京に来て、スキマ時間にさくっとランニングをすることができるなんて。
ランステって本当にありがたいですね。


今回は本当に皇居ランなんて頭になかったので、思いがけず楽しい時間を過ごすことができました。
(「今回は」ってことは、これまではなんだったのか)




こんな設備がやすらぎ堤にもあれば、もっと新潟のランナー人口も増えるのではないでしょうか。せっかく素晴らしいコースがあるわけですし、より多くの人がこの素晴らしさを体感できるようになればいいなと思います。


あとは、6月頃から行われるミズベリング信濃川も活用できるといいですね。



お酒や食事もおいしいんですけど、それだけではもったいない。
ランニング教室したり、スポーツドリンクやプロテインなどの試飲会・試食会をしたり、シューズやグッズの試着会をしたりとかね。



万代のSteP SPORTSさんやノースフェイスさんあたりが展開してくれないかなあ(他力本願)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。