新潟の街でランニング (あと、アルビのことも)

怠け者がランニング続いています。2年目です。今年はフルマラソン出場が目標です。
あと、週末はアルビです。飛んで跳ねて声枯らしています。

(アルビ0-2エスパルス その1)2017ホーム開幕前のワクワク感! ・・・開幕前はワクワク、でした・・・ 

ゴール裏席の先行入場の予備抽選のために集まったサポーターが、キックオフ4時間前にもかかわらず最近はあまり見ないほどの行列を作っています。



3月11日。
第3節にして漸くホーム開幕戦。


長蛇の列にも関わらず、皆一様にいい表情。皆さん、この日を待ち侘びていたんですね。



予備抽選では、それぞれ数字の書かれたくじを一枚ずつ引きます。
キックオフ2時間30分前より、その数字順に入場することができます。
ちなみに今回、私と息子は60番台でした。



予備抽選を終えてショップで少し買物をして、「サッカー検定」と呼ばれるミニゲームコーナーへ。


子供向けに、ジグザグドリブルやシュートの的当てなどをさせてくれるコーナーで、最後に記録証をプレゼントしてもらえます。
その記録証にはナンバーが打ってあって、試合後にDSが当たる抽選が行われます。


さらには、この奥にはフットサルコートが用意してあり、子供が個人参加で試合を楽しむことができます。


ビッグスワンの広い敷地を活用したコーナーと言えます。
多くの子供達が楽しそうに思い思いにボールを蹴ることができる、楽しい空間です。


これらのゲームコーナー以外にも、ビッグスワンの周りには食事をするためのテーブルもたくさん用意してあるし、ミニコンサートをするようなステージがあるし、まさにボールパークの雰囲気を醸し出しています。



今回、息子はサッカー検定にだけ参加。しかし息子、シュートうまくなったなあ。
内田潤コーチや高橋直樹コーチはじめ、スクールコーチの方々のおかげですね。



体を動かしたせいか、お腹がすいたと息子が言いだしました。
昼食を購入することにします。普段は、イタリアンを購入することが多いのですが、今回はカレーにしました。


行列を作ってカレーを購入すると、スタジアムへの入場時間が近づいてました。
食べるのは後にして入場門へ。すでにたくさんの人が並んでいます。


知らないサポ同士、互いに番号札を確認し合いながら、行儀よく並びます。




そしていよいよ入場時間。

ゲートを潜り、シーズンパスをピッてやって、チラシやマッチデープログラムをうけとり、階段を登ります。走りたい気持ちを抑えて、転ばないように落ち着いて。


階段を登りきり、ボランティアスタッフの方にパスを提示しながらゲートを抜けると、そこにはピッチが広がっています。


久しぶりのビッグスワン。やっぱりワクワクしますね。


サッカースクール6年生の卒業式や、2016年ベストピッチ賞の授賞式などが行われていました。



イベントが一段落したあと、サポーターはコンコースに集まります。
コールリーダーを中心とした決起集会が行われ、新しいチャントなどの練習が行われました。


みんなで声を合わせてチャントを歌うと、いよいよ実感が湧いてきます。



トイレを済ませて席に戻ると、いよいよ選手たちがピッチに登場です。


「それゆけ守護神守田」で飛び跳ね、"We will rock you"で選手たちを鼓舞します。
やはりホームは盛り上がりが違います!!



練習中は選手ひとりひとりのチャントを歌いエールを送ります。
特に矢野選手や本間選手のときには、声と拍手がひときわ大きかった印象。



エスパルスのサポーターの声もよく響いていました。
試合前の緊張感が形づくられていきます。


試合前、のんびりとスタジアム周りを散策して、ちょっと遊んだくらいにして、試合前の応援合戦に参戦して。


この一連の試合前の雰囲気は、ほんと楽しいですね。
中野社長がことあるたびにおっしゃる「ビッグスワンを楽しくする」というコンセプトは素晴らしいと思います。ますます魅力的なスタジアムにしてもらいたいと思います。



開幕セレモニーでは米山県知事のご挨拶があり、その後いよいよ選手が入場です。


いつもならタオマフを掲げながら"I can't help falling in love with you"を歌うところですが、今日はいつもと違いました。

入場門で配られたオレンジの旗(亀田製菓様提供)を振りながら、「アイシテルニイガタ」を歌います。
いつもよりたくさんはいっているようにみえる四方のスタンド。ぐるり360°、1階席も2階席も一面にオレンジの旗が揺られます。とても迫力ある風景でした。




キックオフの前には、3.11の犠牲者の方々に向けた黙祷。
この日にこうして平和にサッカー観戦ができる喜びを改めて噛み締めます。



ゆっくりと目を開けます。
「ご着席下さい」とのアナウンスも、ゴール裏は蚊帳の外。
むしろキックオフに向けてフルスロットル! "Pride of Niigata" の手拍子がゆっくりと始まり、しばしの静寂のあと、「ヘイヘイヘイヘイ!」の掛け声とともにいっきに飛び跳ねます。


いよいよ2017シーズンのホーム開幕戦が始まりました!!






とまあ、試合が始まるまでは、こんな感じに楽しい時間を過ごしたのでした。
・・・はい。試合が始まるまでは。



(続きたくないけど続きます^^;)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。