新潟の街でランニング (あと、アルビのことも)

怠け者がランニング続いています。2年目です。今年はフルマラソン出場が目標です。
あと、週末はアルビです。飛んで跳ねて声枯らしています。

日暮ヘッドトレーナー、黒河選手、早川選手。

この三連休から、ずーっとモバアルメールは鳴りっぱなしです。


ブラジル人トリオの揃い踏み、続々決まる契約更改、予想だにしなかった"カンペーさん"の加入など、嬉しいニュースが舞い込みます。


今日はそのあたりを話題にしようと考えていました。



だがしかし。
今日(10日)届いたいくつかの告知を読んで、まずはこっちから話題にしようと決めました。




ということで、10日の告知から・・・。




その1 日暮清ヘッドトレーナー 退任。


「アルビ再生工場」と謳われるほどの、アルビの医療サポート。
そのトップたる御高名なヘッドトレーナーがアルビを去る。


かつて東口順昭選手が再三の大きな怪我を克服。とくに右膝十字靭帯損傷で全治8ヶ月という自体に陥ったときには、リハビリ中に筋肉バランス調整などを行い、むしろレベルアップして復帰。その後ガンバに移籍。いまや日本代表GKにまで登りつめました。


また最近では、加入直後の田中達也選手の筋肉バランス不良を指摘、キャンプトレーニングを一部回避させて筋肉調整を行いました。それ以降の田中選手、大きな怪我をすることなく気持ちのこもったプレーを見せてくれています。


名伯楽とも言うべき日暮氏の退任は、大きな衝撃です。





その2 黒河貴矢選手 現役引退。


年度別代表。アテネオリンピック代表。


エスパルスなどを経て、2007年からのアルビ在籍(2007年はジャパンサッカーカレッジ(JSC)にレンタル移籍)。現在最もアルビに長く在籍してくれている選手でした。


基本的に第2・第3GKでした。
他の選手の負傷などに際してレギュラーの座が回ってくるのですが、黒河選手自身もその都度怪我を追ってしまう事が多く、悲運の選手という印象です。


しかし一方で、サポーターへの対応は本当に優しく、またクラブ内でも後輩からいじられる様子がテレビや激励会などを通じて伝わってきました。多くの人に愛される選手。
最年長かつ第3GKがこのようなキャラクターでいてくれる。クラブの屋台骨的存在の選手でした。

(能田達規, サッカーの憂鬱 裏方イレブン, マンサンコミックスより)


引退後はアカデミーコーチになられるとのこと。
何かの縁でうちの子供たちが教えていただける時があったりしたら、私も息子もにやにやが止まらなくなってしまうこと請け合いです。


本当にお疲れ様でした。誰にも必ず訪れる「引退」という時を、アルビで迎えてくれて本当にありがとうございました。





その3 早川史哉選手 契約凍結


いつものモバアルメールにしては、遅い時間に届いた告知でした。


本人のコメント、ご家族のコメントを読んで、家族や子供を持つ身としてこみ上げてくるものがありました。


ただただビッグスワンに戻ってきてくれることを祈るのみです。





最後に
増田選手、成岡選手、契約更改ありがとうございます。


成岡選手は今シーズン300試合出場達成がほぼ間違いなさそうです。今年もいぶし銀のプレーを楽しみにしています。それと燕市の町工場めぐり、今年も楽しんで下さい(笑)


増田選手は、西村選手とのスタメン争いでしょうか。いつもの元気な声を自信に変えて、飛躍の年にして下さい。




そして渡辺選手、かつての黒河選手と同じJSCへのレンタル移籍。
この選手も、各世代代表をほしいままにしていたにもかかわらず、プロ入り後は怪我に泣かされることが多かったんですよね・・・。

地元も地元・鳥屋野小学校出身の選手。
JSCへの逞しくなって、ビッグスワンの守護神になってくれる日を楽しみにしています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。